IE10の最新バージョンは「10.0.16(KB2953522)」に:IE用の更新プログラム発表

5月13日(日本時間14日)、米マイクロソフト(MS)から、Internet Explorer(IE)用の更新プログラム(修正パッチ)が発表されました。この更新プログラムにより、IEの脆弱性などの問題が修正されるとのこと。なお、サポートが終了したWindows XPとOffice 2003については、今回から更新の対象外とのこと。

今回の更新プログラムにより、IE10の最新バージョンは「更新バージョン:10.0.16(KB2953522)」に……ということで、前回の「KB2964358」から「KB2953522」に変わります(数字が減っている?)。また、バージョン欄は「バージョン:10.0.9200.16866」から「バージョン:10.0.9200.16899」と変わります。

更新方法は、「Windows Update」にて。


というわけで、IEをご利用の方(特にIE11からIE10にダウングレードされた方は)は速やかに、「Windows Update」で、IEを最新バージョンにアップデートすることをオススメします。


ちなみに、今回の更新プログラム(MS14-029)により、IE10の最新バージョンは以下のようになっていました(2014/05/14現在):

IE10の最新バージョン「10.0.16(KB2953522)」
バージョン:10.0.9200.16899
更新バージョン:10.0.16(KB2953522)

※IEのバージョン情報は、メニューバーの[ヘルプ]→[バージョン情報]で確認できます。
※メニューバーが非表示の場合は、「Altキー」を押すと表示されます。


参考情報:



> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

IE10の最新バージョンは「10.0.15(KB2964358)」に:IE用の更新プログラム発表

5月1日(日本時間2日未明)、米マイクロソフト(MS)から、Internet Explorer(IE)用の更新プログラム(修正パッチ)が発表されました。この更新プログラムにより、MSが対応するまでは別の閲覧ソフトを使うなどの対策を取るよう、米国土安全保障省が警告していたIEの脆弱性などの問題が修正されるとのこと。

今回の更新プログラムにより、IE10の最新バージョンは「更新バージョン:10.0.15(KB2964358)」に……ということで、「KB2936068」から「KB2964358」に変わります。また、バージョン欄は「バージョン:10.0.9200.16866」から「バージョン:10.0.9200.16897」と変わります。

更新方法は、「Windows Update」にて。


というわけで、IEをご利用の方(特にIE11からIE10にダウングレードされた方は)は速やかに、「Windows Update」で、IEを最新バージョンにアップデートすることをオススメします。


ちなみに、今回の更新プログラム(MS14-021)により、IE10の最新バージョンは以下のようになっていました(2014/05/02現在):

IE10の最新バージョン「10.0.15(KB2964358)」
バージョン:10.0.9200.16897
更新バージョン:10.0.15(KB2964358)

※IEのバージョン情報は、メニューバーの[ヘルプ]→[バージョン情報]で確認できます。
※メニューバーが非表示の場合は、「Altキー」を押すと表示されます。


参考情報:


> コメントを閲覧・投稿する(現在 4 )