日曜洋画劇場「ボーン・アルティメイタム」を見た

テレビ朝日「日曜洋画劇場」で5月27日放送された「ボーン・アルティメイタム」を録画して見ました。マット・デイモン主演の「ボーン・アイデンティティー」「ボーン・スプレマシー」に続くジェイソン・ボーンシリーズの完結編。アクションシーンがすごかったヽ(*´∀`)ノ


「ボーン・アルティメイタム」のアマゾン検索結果


とにかく格闘シーンがすごかった。あっという間に敵をなぎ倒してしまうシーンがいっぱい!

そして舞台がワールドワイド。ロシア、イタリア、スペイン、アメリカなど……次々と場面が変わっていくという。

時には逃げ、時には追い……立場がくるくると変わっていく、スピーディーかつスリリングな展開。退屈することなく見られるアクションムービーなのでした。

……て、実は前にも一度、同じくテレビ録画で見ていたのですが、すっかり内容を忘れていたのでした(・ω<)てへぺろ☆


ところでネットで見かけた情報によると、9月には第4弾「ボーン・レガシー」が劇場公開される予定なのだとか( ゚д゚ )ガタッ

もっとも主演は、マット・デイモンとは違う俳優とのこと。別のキャラクターが登場するそうですが……じゃあ、なんでまた「ボーン」の名前がついてるの?( ゚д゚ )?

いずれにしろ、9月の公開が今から楽しみかも?ヽ(*´∀`)ノ

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

2台のパソコンを直接LANケーブルで接続してデータのコピー(移動)する方法

古いデスクトップパソコンのデータを、新しく購入したノートパソコンにコピーするため、2台のパソコンを直接LANケーブルで接続して、データをコピー(移動)する作業を昨日、やりました。でも少々手こずったので、ここにメモしておくことに。

※ちなみに古いパソコンのOSはWindows XP、新しいノートパソコンのOSはWindows 7 です。


1)あらかじめ、コピーされる側の古いパソコンのHDDを「共有する設定」にしておく。
例えばマイコンピュータからローカルディスク(Cドライブなど)を右クリックして「共有とセキュリティ」みたいな項目を選ぶと、設定できる。共有設定しておかないと、セキュリティ上、ハードディスクにアクセスできない。

2)LANケーブルは「クロスケーブル」を使って接続する。
パソコン同士を接続するときは「クロスケーブル」。一般的に、インターネット接続のためにルーターやハブに使用しているのは「ストレートケーブル」というLANケーブル。このストレートケーブルを使ってパソコン同士を接続しても、データのやりとりができない。
※ちなみにルーターやハブに接続する場合、どちらのケーブルでも(最近は)問題なく使えるようになっている……はず?


ちなみに最初は1)の共有設定も、2)のLANケーブルもクロスじゃなくてストレートでつないでいたので、全然、古いデスクトップPCを新しいノートPCのほうで認識することができなかった、という……((((;゜Д゜)))


でも、古い方のパソコンのHDDに「共有」設定して、クロスケーブルで接続したら、ノートパソコンのほうでちゃんと「ネットワーク接続」に表示されました。一安心。って、ずいぶんと時間がかかってしまいましたが……疲れた……( ( ( (~@@)~


※諸処の事情で今回はこのやり方に。データがそれほど多くない場合は、USBメモリやSDメモリーカードにコピーして移動、あるいはLAN上でルーターなどを介してコピーすればいいと思います。

※個人的には、古いパソコンを分解してHDDを取り外し、変換ケーブルなどを使ってHDDをノートパソコンに接続してコピーする……かもヽ(*´∀`)ノ

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

ゴーヤを栽培した土の処分方法は?

ゴーヤを栽培した土の処分って、どうすれば良いのだろう?ヽ(*´∀`)ノ


ウチでは去年、ゴーヤを栽培しました。一番の目的は、日よけ対策。でも、小さいながらゴーヤの実も収穫できました。そこで、ゴーヤーチャンプルーなど料理して、おいしくいただきました\(^o^)/


というわけで、今年もゴーヤを栽培したいなぁヽ(*´∀`)ノ と思っているわけです。

が、しかし、ここでひとつ問題が!!!


ゴーヤには連作障害がある、とのこと。つまり、前年に使った土を再利用して植えると、ゴーヤの苗などに障害が発生して、うまく育たない可能性が高いとか……ガ━━Σ(゚Д゚|||)━━ン


もちろん対策としては、園芸用の土を買い直せばよいわけです。しかし、じゃあ今プランターに入っている古い土はどうすればいいの?((((;゜Д゜)))


夏の暑さ対策・節電対策として、陽差しよけのために、ゴーヤーの栽培をオススメしている自治体も多いと思います。さらに、ゴーヤの育て方など、具体的に詳しく説明しているところもあるようです。


しかし! 栽培したあとの土の処分方法までは、紹介してくれてない……\(^o^)/\(^o^)/お手上げダー!


ゴーヤを栽培した土の処分って、ホームセンターや園芸店などで引き取ってくれるのか……とりあえず今度、市役所あるいはお店などに聞いてみるしかない?ヽ(*´∀`)ノ

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

スクロール生協カタログ(旧ムトウ)から品切れ商品のご案内:この時期いつも?

スクロール生協カタログ(旧ムトウ)から品切れ商品のご案内(はがき)が届いて、母が怒っています。というのも、この時期いつも、この案内はがきが送られてくる、からなのだとか。

スクロール生協カタログによると「この度ご注文いただきました表記の商品は予想以上のご利用を頂き、追加生産に最善の努力を重ねてまいりましたが商品のお届けが間に合いませんでしたので、やむをえず品切れとさせていただきます。(中略)今後も更にサービスの向上に努力いたしますので、宜しくお願い申し上げます」と、品切れ商品のご案内に書いてあります。


母によると、生協からカタログが届いて、すぐに注文した、とのこと。にもかかわらず、毎年この時期には品切れの案内が届いている、という。スクロールに社名変更する前のムトウのカタログ時代から、もう何年も同じことの繰り返し。毎年、同じ文章で届いている、らしい。そりゃ、母が怒るのも当然ですってヽ(*´∀`)ノ


カタログの商品説明を見ると「人気商品 2010年3月から販売 累計5000枚」云々とある。しかも「新しくなりました!」と改良点まで記載されている。そんな人気商品と分かっているのに、品切れするとは……。

カタログが届いたのが5月10日。そして注文したのが17日。そして品切れ商品の案内が届いたのが23日。注文してから1週間も経たずに品切れの案内が届くって……((((;゜Д゜)))どうなの? (ちなみに、カタログの注文有効期限は2012年8月)。


個人的には、毎年この時期に品切れの案内はがきを出す、その費用ってどのくらいなのか? 会社にとっては毎年その分、損失を出しているのでは? と気になるところ。

まあ、商品を作りすぎて在庫を抱えてしまうよりは、マシってことなのかなぁ?

それとも……最初からほとんど商品は用意してなくて、ホントの目的は、注文数から人気商品の傾向を調査しているだけとか? とまあ、いろいろ勘ぐったりもしちゃうわけですが……┐(´∇`)┌ ふっ


って、そもそも商品の生産数がいくらなのか? カタログには記載がないし、どれだけの人が購入できて、どれだけの人が買えなかったのか? 全然、わからないのですけどね。


人気商品で品切れが予想できるにしても、きちんとスクロール生協カタログ用に商品を用意しておいて、カタログに「ご用意数:50点」など記載するとか。そうしないと、そもそも商品を用意しているかどうかもわからないのでは?


まあ、あれこれいってもしかたがないのですが、あまりにも母が激怒していたので、書いてみました(笑)。スクロール生協カタログから、また今年も品切れ商品のご案内が来て怒っていらっしゃるという方、他にもいらっしゃるのかなぁ?ヽ(*´∀`)ノ

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

今日の教訓:レジ待ちは若い客の多いほうへ並べ

買い物客が精算待ちしているレジが複数ある場合、若い客が多い列に並んだほうが早いかな? という話。

というのも、年配のお客さんは、何をするか分からない(汗)小銭出すのに時間かかったり、あるいは商品についての質問を始めたり、いきなりクレジットカード取り出したり……((((;゜Д゜)))

若い客の場合は、ささっと支払いを済ませてくれるケースが多い。というか、今日はそうでした。

目の前の年配客がレジの店員に、商品がどうこう、クレジットカードがどうこう、ポイントカードがどうこう……と話している間に、若い客が多かった隣のレジは、どんどん支払いを済ませていました。私よりあとから来たお客さんがどんどん先に店を出て行ってた……(T-T)はー。

今日の教訓:ヽ(*´∀`)ノ レジ待ちは若い客の多いほうへ並べ

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )