「KB3189866」の更新に成功/Windows Updateの不具合が解消

2016日9月14日から発生していたWindows Updateの不具合=Windows10用更新プログラムファイル「KB3189866」のダウンロードが45%前後で止まったまま、進まない(終わらない)状態で、アップデートができないという不具合が、予想通り、自動的に解消されました


17日夜に『更新とセキュリティ』を確認すると、「更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます」とのメッセージ(x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム(KB3189866)- エラー 0x8020000f)と再試行ボタンが。もっともこのときは時間がなかったので、再試行せず。

「更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます」とのメッセージ画面
「更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます」とのメッセージ画面


翌18日に『更新とセキュリティ』を確認すると、自動的に更新プログラムのダウンロードが終了しており、「今すぐ再起動する」ボタンが表示されている状態に。

更新プログラム「KB3189866」のダウンロードが終了&再起動を促す画面
更新プログラム「KB3189866」のダウンロードが終了&再起動を促す画面


そこで再起動したところ、無事に「KB3189866」の更新が完了しました。

『更新の履歴』画面。「正しくインストールされました」とのメッセージが。
『更新の履歴』画面。「正しくインストールされました」とのメッセージが。


というわけで、Windows 10 の自動更新(Windows Update)で更新プログラムがダウンロードできないなどのエラーが発生したときは、あわてて手動更新したりせず、しばらく様子を見て自動的に不具合が解消されるのを待った方がよいかも……です。


参考:
「KB3189866」のダウンロードが終わらない?/Windows Updateの不具合が原因?|コレトのブログ(前回の記事)


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

「KB3189866」のダウンロードが終わらない?/Windows Updateの不具合が原因?

きょう9月14日は第2水曜日。月イチ恒例、マイクロソフトからWindows のアップデートが公開される日(アメリカ時間では毎月第2火曜日)。というわけで、Windows Updateをチェックしてみました。しかし14日現在、Windows Updateに不具合が発生しているようす? 具体的は、Windows10用更新ファイル「KB3189866」のダウンロードが45%前後で止まったまま、進まない(終わらない)状態で、アップデートができないという……。


更新ファイル「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3189866)」のダウンロードが45%で止まったまま、進まない(終わらない)状態
更新ファイル「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB3189866)」のダウンロードが45%で止まったまま、進まない(終わらない)状態


ツイッター上で「KB3189866」を検索してみたところ、「ダウンロードが終わらない」などといったツイートがたくさん見つかりました。
「KB3189866」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索


Windowsの更新プログラムを手動でインストールする方法もあるようです。しかし、Windows Updateでの不具合の原因がはっきりしていない以上、無理して手動インストールする必要はないかも?(汗)
Windows 10 - Microsoft Update カタログから更新プログラムを手動でインストールする方法 - マイクロソフト コミュニティ


というわけで、個人的にはこのまま何もせず、様子を見ようと思います。


参考:
Windows Updateに不具合? 「KB3189866」のダウンロードが終わらないとの報告が多数あがる - ねとらぼ


【2016/09/18追記】
「KB3189866」をダウンロードできないトラブルは、自動的に解消されました。
「KB3189866」の更新に成功/Windows Updateの不具合が解消|コレトのブログ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

ツイッターの動画がIEで「ご利用のブラウザでは再生できません。」と表示され、再生されない/原因は不明……

2016/05/12現在、Web版ツイッターの投稿動画がIE11では「ご利用のブラウザでは再生できません。」と表示され、再生されないトラブルが発生しているようです。自動再生・手動再生のいずれも反応なし。動画の画像だけが表示されている状態。ちなみにパソコンでのお話です。
※ウチのPC環境は、「Windows7 Home Premium SP1 64bit バージョン」です。

IE11で「ご利用のブラウザでは再生できません。」と表示される、ツイッターの投稿動画の例(赤枠は編集したもの)
IE11で「ご利用のブラウザでは再生できません。」と表示される、ツイッターの投稿動画の例(赤枠は編集したもの)

元のツイッター投稿動画
かねキリカさんのツイート: "離れようとすると悲しい声で鳴くの卑怯だぞ…"


もっとも、Google ChromeおよびFirefoxでは動画が再生され、視聴できました。ということは、動画が見られなくなった原因はツイッター側の問題ではなく、IE11側の問題? というよりも5月11日におこなった「Windows Update」が原因では? と、個人的には思っているのですが……。


ツイッター検索してみたら、「IEでツイッターの動画が再生されない(見られない)」などのつぶやきがたくさん見つかりました。

ただし、Window 10から導入された新しいWebブラウザ「Microsoft Edge」についての、同様のトラブルのツイートはありませんでした。もしかして、Edgeなら問題なく再生されている?

とすれば、ひょっとして今回のトラブルは「Windows 7 およびWindows 8.1 のユーザーに対し、Window 10 へのアップデートを促す、マクロソフトの策略(嫌がらせ?)」なのかも……(汗)


【2016/05/13追記】
5月のWindows Updateが原因ではなかったかもしれません。というのも、アップデート前のIE11(バージョン11.0.30)が入ったPCで確認してみたところ、同じくツイッターの動画が再生されなかったので……(以前は再生されていたのに?)。ということは、ツイッター側で仕様変更が行われた? いずれにしても、原因は不明です。
※なお、5月のWindows Update後のIE11のバージョンは「11.0.31」です。

ちなみにツイッター公式ブログを見ましたが、ぜんぜん情報はありません。
Twitter Blogs
Twitter Japan Blog | Twitter Blogs(日本版ツイッター公式ブログ)


【2016/05/13追記 その2】
他のWebサービスを経由していると、IE11でもツイッターの動画が再生されるようです。ということは、やはりツイッターの仕様変更があった?
→例)Twitterで話題の画像とツイートまとめ - つぶやきピックアップ|Yahoo!


【2016/05/14追記】
対応策として、「IE11以外のWebブラウザを使う」という方法があります。
以下、ご参考まで。
Chrome ブラウザ
Firefox のダウンロード — 自由な Web ブラウザ — Mozilla
Opera ブラウザ - 高速で安全なブラウザ - 無料でダウンロード


※ちなみに「スレイプニル6」でもIE同様、「ご利用のブラウザでは再生できません。」との表示が……。
タブブラウザ Sleipnir 6 - Windows / Mac の先端的ウェブブラウザ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 23 )

ESET(イーセット)が「トロイの木馬」を誤検出するエラー/ウイルス定義のアップデートが原因?

2016/02/29の19時現在、PCブラウザでWebページにアクセスした際、セキュリティ対策ソフト「ESET(イーセット)」が「トロイの木馬」を誤検出するエラー、すなわち「コンピュータウイルスの誤検知・誤検出・誤作動」エラーが発生しているようです。

ESETの「トロイの木馬」検出の警告メッセージ
ESETの「トロイの木馬」検出の警告メッセージ


検出された脅威として「HTML/Refresh.BC トロイの木馬」「JS/ScrInject.B トロイの木馬」などを警告するページが表示され、本来のWebページが閲覧できない……と、ツイッターなどでも多くのつぶやきが。閲覧できないページはアマゾンや楽天ほか、さまざまなWebサイトに渡っているようです。
「eset」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索


ESETのウイルス誤検出の原因は、ウイルス定義データベースのアップデートと思われます。現在、ウイルス定義データベースのバージョンが「13102(20160229)」となっています。

ESETのウイルス定義データベースのバージョン
ESETのウイルス定義データベースのバージョン

次にアップデートが行われて、ウイルス定義データベースのバージョンが「13103」になれば、今回のウイルス誤検知はなくなると思うのですが……。

ちなみに「今すぐアップデート」で手動アップデートも試してみましたが、2016/02/29の19時現在では、現バージョンのまま。よって改善は見られません。

※一時的に「ウイルス定義データベースのバージョンダウン」ができれば良いのですが、そういう方法はないようです。
→「設定→詳細設定を表示する→アップデート→アップデートのロールバック で 12時間前にすれば取りあえず症状は止まります」とのコメントをいただきました(感謝!)


ESETのウイルス定義データベースが早くバージョンアップされますように……(汗)


【追記】
20:20ぐらいに新バージョン「13103」のアップデートが始まったようです。私も更新できました。トラブルもないようです。
これにて今回の騒動は終了……だと思います。

ご覧いただいたみなさま、そしてコメントいだだいたみなさま、ありがとうございました!


> コメントを閲覧・投稿する(現在 62 )

2月21日にIEが正常に起動しない不具合・トラブルが大発生:原因はノートンのバージョンアップ

2月21日(土)、IE(Internet Explorer)が正常に起動しない不具合、あるいは動作しないトラブルがたくさんのパソコンで発生しているようです。少なくともWindows7とWindows8のIE9・IE10・IE11でこの障害が発生しているとか。

その原因は、セキュリティソフト「Norton Internet Security(ノートン)」の更新(アップデート)とのこと。ノートンのライブアップデートで最新版の定義ファイルを適用すると、「IEが起動しない」「どうしてもIEが動作停止してしまう」「ホームページのリンクがつながらなくなった」といったトラブルが発生するようです。

このため、ノートンから再度、更新プログラム等が配信されることを待つしか、解決策はないようです。

というわけで、IEをバージョンアップしたり、あるいはダウングレードしても、IEのトラブルが復旧するわけではないようなので、ご注意を。

※可能であれば、応急措置として「Google Chrome」または「Firefox」など、IE以外のブラウザを利用するのがよさそうです。


参考情報:

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )