『ユー・ガット・メール』(You've Got Mail):メグ・ライアンがやっぱりかわいい

ひさびさに『ユー・ガット・メール』(You've Got Mail)を見た。少し前に放送していたテレビの録画。って、いつ録画したのか覚えていないけれど。

地デジ放送で見るのは初めて。映像がキレイ。
メグ・ライアン、かわいいっ!

でも、メグ・ライアンの生年月日は1961年11月19日。『ユー・ガット・メール』は1998年公開の映画。ということで、当時のメグの年齢は36または37歳。どひゃー?! ちなみに2011年は……50歳ですか。さすがにラブコメは、もう厳しい?

電子メールのやりとりから芽生える愛の物語、といっても、ラブコメですが。途中、チャットも交えたり。

当時は、まだまだインターネットの利用が一部の人たちのモノ、という普及具合だったと思います。古き良き時代って感じ。今はもう、インターネットがあって当たり前、という時代ですが。

1998年頃って、インターネットの接続も光回線やADSL回線じゃなくて、モデムによる電話回線(超低速)。しかも定額制じゃなくて従量制が基本。午後11時からの定額サービス「テレホーダイ」なんてサービスもありましたっけ(しみじみ)。


ところで、Wikiで調べてみたら、メグ・ライアンの本名って「マーガレット・メアリー・エミリー・アン・ハイラ、Margaret Mary Emily Anne Hyra」なのだとか。で、芸名「Meg Ryan」は「Germany」のアナグラム(文字の並びを替えたもの)とのこと。初めて知りました。

メグ・ライアンといえば、他にも思い浮かぶ映画があります。ビリー・クリスタルと共演した『恋人たちの予感』(1989年)とか、トム・ハンクスと共演した『めぐり逢えたら』(1993年)とか……ほんとに「ロマンティック・コメディの女王」ですね。


ちなみのこの映画、『1940年に製作されたエルンスト・ルビッチ監督の『街角/桃色(ピンク)の店』のリメイク作品。時代を反映して元映画の「手紙で文通」の設定が「インターネットでメール」に置き換えられた』とか。あと『原作では絵本屋を裏切り金持ちの男と一緒になったとして、同僚から大バッシングの末、大型書店の開店と同時にフラれてしまうというバッドエンドとなっている』とも……って、全部、Wikiからの引用。あかん~引用だらけになってしまう(苦笑)。

まあとりあえず、個人的な映画メモってことで(笑)

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿