ESETから突然「CnsMin.AD」に対する警告が

きょう2017年8月24日、自宅のPCを起動したら、セキュリティソフト『ESET』から突然「CnsMin.AD」に対する警告がいくつか表示されました。以前にダウンロードしたフリーソフトのインストールファイルに対する警告のようです。なぜ今日になって突然、警告が出るようになったのか? ウイルス定義ファイルのアップデートが原因かな? と思うのですが、詳細は不明(汗)

なにはともあれ、該当するファイルがあるフォルダをまるごと削除することで対応。これまでずっと使っていなかったソフトなので、削除しても問題ないと思うので。


表示された警告は主に以下の2つです:

1)望ましくない可能性のあるアプリケーションがみつかりました
望ましくない可能性があるアプリケーション(Win32/CnsMin.AD)がコンピューター上のファイルで検出されました。
これはセキュリティリスクにならない場合がありますが、コンピュータのパフォーマンスと信頼性に影馨し、システムの動作を変えることがあるプログラムです。詳細…

「望ましくない可能性のあるアプリケーションがみつかりました」との警告メッセージ画面(ESET)
「望ましくない可能性のあるアプリケーションがみつかりました」との警告メッセージ画面(ESET)


2)望ましくない可能性のあるアプリケーションが削除されました
望ましくない可能性があるアプリケーション(Win32/CnsMln.AD)がコンピューター上のファイルで検出されました。

「望ましくない可能性のあるアプリケーションが削除されました」との警告メッセージ画面(ESET)
「望ましくない可能性のあるアプリケーションが削除されました」との警告メッセージ画面(ESET)


CnsMin については、Wikipediaに情報がありました。それによると「CnsMinは、アンチスパイソフトウェアにより、マルウェア(ブラウザハイジャッカー、スパイウエア)として検出されることがある」「CnsMinがインストールされると、Internet Explorerの使用中にポップアップ広告を出すため、アドウェアの一種とされる」などと記されています。その例として、キーワードによるサイト誘導サービス「JWord」(ウェブブラウザ用プラグイン)の件が挙げられています。いずれにしても、CnsMinというのは、コンピューターウイルスではないようです。
CnsMin - Wikipedia


ちなみに「ESET」をキーワードにしてYahoo!検索(リアルタイム)してみましたが、同様の事例に関するツイートはありませんでした。ウチのPCでだけ発生した現象だったのか?(汗)
「ESET」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索



最後に、ESETの商品ページ(Amazon)を挙げておきます。


ESET ファミリー セキュリティ (最新版) | 5台3年版 | カード版 | Win/Mac/Android対応


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿