プレミアムフライデーより「ハッピーフライデー」の導入が効果的?

2017年2月24日(金)から「プレミアムフライデー」が始まりますね。プレミアムフライデーとは「月末の金曜日は午後3時に退勤するよう呼びかけ、働き方改革と消費拡大につなげようという官民の取り組み」のこと。でもツイッターなどでは「ハッピーフライデー」と間違ってつぶやいている人も多いようです(汗)

そんな中で、「プレミアムフライデーはいらないので、祝日と土曜日が重なったら前金曜日を振替休日にするハッピーフライデーを作ってください」というツイートがありました。


「ハッピーフライデー」って、確かにいいアイデアかも!

まず「連休」が増えますよね。ということは、遊びに出かけたり、旅行したりする人たちが増えるはず。これって「働き方改革と消費拡大につなげよう」という目的にぴったり合っていることに。

また金曜日が休日となることで、当日働く人たちの時給などがアップする可能性も(あくまで可能性。しかし、プレミアムフライデーの場合、金曜日は普通の平日。なので、働く人たちの時給もいつも通り)。忙しくなった分が賃金に反映されて、報われることに。

でも、いっその事「プレミアムフライデーを休日にする」のが、働き方改革と消費拡大にとっては効果的かもしれませんね。毎月月末は休日に=3連休に……無理?(汗)


参考:アルバイト・パートが祝日に出勤したら割増率は?(時給編) | 市川社会保険労務士事務所


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿