松井一郎・大阪府知事「アイコス発言」は問題あり?/「特定の企業に便宜を図っている」ことにならないのか?

大阪府の松井一郎知事が受動喫煙対策のひとつとして、火を使わず煙も出ない「新型電子たばこ」について言及し、具体的な商品名「アイコス(iQOS)」を挙げた……と、ネット記事で見ました。
<新型電子たばこ>松井大阪知事が全面解禁を提案 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

しかし、今回の松井知事の「アイコス発言」って、「特定の企業に便宜を図っている」ことにならないのか? と、ふと疑問に思ったのですが。


松井知事は2017年1月25日の定例記者会見で、政府が検討している受動喫煙対策(飲食店での原則禁煙など)対し、「分煙できるようにすべきだ」との見解を示した上で、別案として「アイコスをどこでもOKにしたらいい」と述べたとのこと。

アイコス(iQOS)とは、「新型電子たばこ」で、フィリップモリスジャパンが販売している商品。専用器具を使ってニコチン入りの蒸気を吸う仕組みで、火を使わず煙も出ないのが特徴とか。

「『新型電子たばこ』をどこでもOKにしたらいい」と発言したのなら、問題はないと思います。というのも「新型電子たばこ」は一般的な名称なので。

しかし、今回の「アイコスをどこでもOKにしたらいい」という発言は、公正中立であるべき知事という公人が特定の商品を勧めている=特定の企業に便宜を図っている、ということになるのでは? 少なくとも、便宜を図っていると受け取られる言動は慎むべきでは? と個人的には疑問に思ったのですが。
※便宜(べんぎ)を図る=利益になるようなことや、特別な計らいなどを行うこと
※「利益供与」という言葉が思いうかんだのですが、でもこれは「会社が特定の株主に対して利益を提供すること。特に金銭を送ること」という意味なので、使うと誤用になりますね。

さらに万一、アイコスを販売するフィリップモリスジャパン、もしくは実際にアイコスを店頭で販売している企業・販売店などから政治献金など受けていた場合、大きな問題になるのでは? とも。

でも今回の松井知事の発言に関して新聞は、その点(アイコス発言が特定の企業に便宜を図っている可能性がある、という問題)を突っ込んでいないですし、ましてや、政治献金を受けていないのか、言質も取っていないみたいですね。
※言質(げんち)を取る=交渉事などで、後で証拠となるような言葉を相手から引き出すこと


今回の松井知事の発言はツイッターでも話題になっていました。しかし、具体的な商品名を挙げたことに関して、問題点を指摘するツイートは、ほとんどない……。私が深く考えすぎなのか?(汗)
※毎日新聞以外のマスコミ・マスメディアが報じていないのも、気になるところですが(ネット上では、毎日以外の記事は確認できなかったので)


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿