新車購入の際は「納車」と「新車登録」の日にちにご注意を

今月は12月ということで、2016年も残りわずかとなっていますが、もしかして今月、新車を購入したり、あるいは納車される予定の方はいらっしゃいますか? でしたら、可能であれば「納車」および「新車登録」は来年2017年にされたほうがよいかもしれません。というのも「年式が1年も違ってくるから」です。この場合、中古買取や新車買換時の下取り査定などで、買取価格に大きな差が出る可能性もありますので(ただし、乗りつぶす予定であれば、関係ない話かも?)

……て、もう12月17日ですね。でもせっかく書いたので、投稿しておきます。


新車登録とは、車を運輸支局に申請して走行の許可を取る=ナンバーを取得すること。新車登録の年月は、車検証の「初度登録年月」という欄に記載されます。当然、新車登録が先で、そのあとに納車、という流れになります。

さて、納車は来年に指定(予定)しても、この新車登録を今月12月中にすると、新車の年式は「平成28年式(2016年式)」となります。一方、新車登録を来年1月にすると「平成29年式(2017年式)」となります。つまり「新車登録月が1月違うだけで、年式が1年も違う」ということになります。


中古買取や新車買換時の下取り査定などでは「年式が新しいほど査定額は基本的に高く」なります。このため、年式が1年も異なると、買取価格に大きな差が出る可能性もあるわけです。(ちなみに新車登録月が1月異なる場合も同様。「年落ち」「月落ち」と呼ばれることも)。


以上の理由から、この12月に商談中の方あるいは納車予定の方(まだ納車日が決まっていない方)は、可能であれば、「納車」および「新車登録」は来年2017年にすることを個人的にはオススメします。


いずれにしても「納車」および「新車登録」の日にちについては、はっきりとディーラーの営業担当に確認するように。納車日は確認しても、「新車登録」については、勝手に手続を済まされてしまう可能性もあると思います。

その際、もし「12月中の新車登録」を求められた場合は、年落ちになる件を説明して、値引きの上乗せや無料サービスの追加(オプションなど)を求めてみるのも良いと思います(とくに現在、商談中の場合)。

ただし1月に新車登録すると、車検が少し大変になるかも。というのも、年末年始の休みがあるため、他の月に比べて、車検を受けられる期間が短くなると思うので(通常、車検は「有効期間の満了する日の1ヶ月前から満了する日までの間に受ける」ことになります)。


いずれにしても12月に限らず、可能であれば、新車登録と納車は「同じ月」となるようにするのが理想的といえます。ただしこれは買う側の理想であって、売る側としては、売上や販売実績との兼ね合いから「1日でも早く新車登録したい」ということになります。「登録は今月で、納車は翌月でもいいですか?」と、新車登録の確認を取ってくれるディーラーまたは営業担当はまだマシで、黙っていると勝手に「今月登録・翌月納車」にされることもあると思います。


繰り返しになりますが「納車」および「新車登録」の日にちについては、はっきりとディーラーの営業担当に確認することをオススメします。とくに「商談中」は!(「納車」についてもしっかり事前確認を。契約してから「納車は3ヶ月先です」なんてこともありますので)。


※実は、前に乗っていたウチの車がまさに「年末12月に新車登録・翌年1月に納車」なのでした。10月に購入契約したものの、当時人気車種のため、納車まで2ヶ月待ち(契約してから告げられた!)。その後、12月に入ってから予定通り「月末近くに納車できます」との連絡あり。しかし、慌ただしい年末の納車は避けたい……ということで、翌年1月に納車してもらうことに。このとき、新車登録日については何の説明もありませんでした(新車登録は12月23日になっていて、1月に納車されたにもかかわらず、車検は12月に……)。


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿