6)ドライブレコーダーの取り付け前におすすめの確認作業/作業時間を短くするために

2016年9月に、ホンダの軽自動車「N-BOX」にドライブレコーダーを取り付けました。取り付けた製品は「ユピテル DRY-WiFiV3c」。また常時電源コード「FineSafer S」も同時に取り付けました。そこで今回の作業を「N-BOX ドライブレコーダー取り付け」のブログ記事にまとめ、ブログで公開することにしました。

このページでは、(6)ドライブレコーダーの取り付け前におすすめの確認作業を紹介したいと思います。


以下で紹介している確認事項は、実際に私が「事前に確認しておけばよかった」と思ったものです。事前に確認しておくと、取り付け作業本番のときにあれこれ悩む場面が少なくなり、ドライブレコーダーの取付作業の時間が短くなる! と思います。参考になれば幸いです。


バッテリーのマイナス側ターミナルのボルトナットを確認する

作業前にバッテリーのマイナス端子を外す予定ならば、お手持ちのスパナ(10mm)などで、バッテリーのマイナス側ターミナルのボルトナットを緩められるかどうか、簡単に確認しておくことをオススメします。

実は、ウチのN-BOXのボルトナットの取り付け状態は、事前に見ていた写真や動画とは異なっていました! このため、スパナで回すのがなかなか難しくて苦労しました。それでもなんとか回せたからよかったですが。ウチのN-BOXがターボ車のためか、あるいはアイドリングストップなしのためか、理由は不明。

ウチのN-BOXの、バッテリーのマイナス側ターミナルのボルトナット。
ウチのN-BOXの、バッテリーのマイナス側ターミナルのボルトナット。サイズは10mm。


とにかく、作業前にバッテリーのマイナス端子を外す場合は、事前にバッテリーのマイナス側ターミナルのボルトナットを見ておくことをオススメします。場合によっては、スパナよりメガネレンチなどのほうが楽に作業できるかもしれません。


※ちなみに、バッテリーのマイナス端子を外す理由は「ショートによる事故を防ぐため」です。簡単にいうと「電流が流れた状態で電装品の取り付け作業を行うと、予期せぬ事故が起きる可能性があるため」です。マイナス端子を外しておくと、車や電装品にに電流が流れなくなるので、トラブルを防ぐことができる、というわけです。
※ただし、カーナビなど電装品の設定が一部リセットされる可能性があります。
※またアイドリングストップ車では「アイドリングストップシステムがリセットされる」という話も、これについては、エーモンのページに説明があります。
エーモン/N BOX (JF1)


カーナビのセキュリティコードを確認する

バッテリーを外した場合、電気が流れなくなるため、純正カーナビ(Gathers/ギャザズ)の設定が一部、リセットされてしまう可能性があります。

ウチの場合(Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」)、バッテリーを再び取り付けた後の起動で、セキュリティコードの入力画面が出ました。

カーナビ(Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」)のセキュリティコードの入力画面。
ウチのカーナビ(Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」)のセキュリティコードの入力画面。


セキュリティコードは、ディーラーから渡されている紙のカード(セキュリティカード)に記載されています。そのカードを用意して、暗証番号を入力できるようにしておきましょう。ない場合は、事前にディーラーに問い合わせて確認を。

Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」のセキュリティカード。セキュリティコードおよびシリアルナンバーが記載されています。
Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」のセキュリティカード。セキュリティコードおよびシリアルナンバーが記載されています。


※ちなみに、ラジオのプリセット選局の設定もリセットされていました。でも、カーナビゲーションの履歴などは残っていました。カーナビの設定の全てがリセットされるわけではないようです。


室内運転席側のヒューズボックスの位置およびフタの開け方を確認する

室内運転席側ヒューズボックスの位置およびフタの開け方については、取扱説明書に説明があるので、事前に確認を。ちょっとしたことですが、適当にやるとなかなか外れなかったり、あるいは破損させてしまったりする可能性があります。

室内運転席側のヒューズボックスのカバーの開け方。
室内運転席側のヒューズボックスのカバーの開け方。


ヒューズ電源を取るヒューズの位置(番号)を確認する

ヒューズボックスのフタを開けたら、ヒューズ電源を取るヒューズの位置(番号)を確認しておきましょう。

常時電源コード「FineSafer S」を設置する場合は、1)常時電源(室内灯。12番ヒューズ。7.5A)および、2)アクセサリー電源(ACC電源。29番ヒューズ。7.5A)の2つです。
※電源ソケットを設置するだけなら、アクセサリー電源のみでオーケー。常時電源=12番ヒューズは不要です。

N-BOXの各ヒューズの装備と容量の一覧。
N-BOXの各ヒューズの装備と容量の一覧。

ハンドル下の、ヒューズの設置場所一覧図。
ハンドル下の、ヒューズの設置場所一覧図。

常時電源(室内灯。12番ヒューズ。7.5A)およびアクセサリー電源(ACC電源。29番ヒューズ。7.5A)の位置。
常時電源(室内灯。12番ヒューズ。7.5A)およびアクセサリー電源(ACC電源。29番ヒューズ。7.5A)の位置。


ヒューズの外し方を確認しておく

ヒューズ電源を取るヒューズの位置(番号)を確認したら、実際にヒューズを外せるかどうかを試しておくことをオススメします。特に、29番ヒューズ(アクセサリー電源)。

私の場合、12番ヒューズ(室内灯)はペンチなどで抜けても、29番ヒューズは抜けない! ……ということに、作業本番で気づいたのでした(汗)

個人的には、ヒューズクリップ(ヒューズプラ-、ミニヒューズプライヤー)という専用の道具を、事前にホームセンターやカーショップで購入しておくことを強くオススメします。1個100円程度のものですが、圧倒的に早く、安全に、ヒューズを抜くことができます。

ヒューズを挟んだヒューズクリップ。
ヒューズを挟んだヒューズクリップ。


あと、時間があるならヒューズを抜いた後、検電テスターでヒューズの「電源側端子」を調べておくと良いでしょう。左右に電極があるので、そのどちらから電気が流れてくるのかをチェックする、ということです。ちなみに私のN-BOXの場合、両方とも「右側」でした。
※アクセサリー電源は、エンジンスイッチをアクセサリーモードかONモードにしないと電気が流れないので、ご注意を。
※常時電源は、エンジンスイッチがOFFモードでも電気が流れています(当然?)

検電テスターで、各ヒューズの電源側の確認作業。
検電テスターで、各ヒューズの電源側の確認作業。


検電テスターの使い方は、エーモンの説明ページが参考になります。
エーモン/ドライブレコーダーの取り付け方

また、アマゾンの「エーモン フリータイプヒューズ電源(低背) 2837」の商品ページに、検電テスターの使い方を説明した動画があります
「エーモン フリータイプヒューズ電源(低背) 2837」の商品ページ


「電源ソケットとシガープラグ」の設置場所および「FineSafer S」本体の設置場所を決めておく

「電源ソケットとシガープラグ」は運転席下のスペース(ポケット)に、「FineSafer S」本体はパワースライドドアスイッチの左側に、それぞれ設置しました。各自お好みの場所を事前に決めておくと、作業がはかどると思います。

「電源ソケットとシガープラグ」の設置場所および「FineSafer S」本体の設置場所。
「電源ソケットとシガープラグ」の設置場所および「FineSafer S」本体の設置場所。


運転席足下・右カバーの取り外し方法をマスターする

事前に運転席足下・右カバーを取り外すテストをしたのですが、ぜんぜん外れてくれなくて、大変でした。コツがわかればすぐに外せるのですが……。作業本番前に、このカバーを外せるかどうか、試しておくことをおすすめします。

コツは以下の通り:
1)写真手前側(左側)のカバーを開いてツメを外す。
2)次にそのまま奥の方に回すようにして真ん中のツメを外す。
3)最後に、奥のツメ(右側)を開いて外す。

運転席下・シート足下のカバーを取り外す作業。
運転席下・シート足下のカバーを取り外す作業。


なお、他のパネルは作業当日、どうにか外せると思います(実際、まったくの車D.I.Y初心者の私でも外せたので)。


N-BOXのドライブレコーダー取り付け位置を決めておく

N-BOXのドライブレコーダー取り付け位置ですが、ちょうど車検から戻ってきたところで、車検標章(車検ステッカー)の到着待ちだったので、この位置(フロントガラス上部・真ん中)に取り付けました。車検ステッカーは後日、左のほうに貼りました。事前に取り付け場所を決めておけば、作業本番で悩む時間が少なくて楽になると思います。各自の環境で、お好みの位置に。


N-BOXのドライブレコーダーの取り付け位置。
N-BOXのドライブレコーダーの取り付け位置


以上、(6)ドライブレコーダーの取り付け前におすすめの確認作業の紹介でした。参考になれば幸いです。



※目次は以下のリンク先ページにあります。
N-BOX ドライブレコーダー取り付け|コレトのブログ



> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿