N-BOX スマートキーの電池交換レポート

N-BOXのスマートキー(リモコンキー)の電池交換をしました。電池の寿命(2年半ぐらい)が来て、バッテリー切れの警告が出たのでした。というわけで、今回はそのレポートを。交換作業は自分で行いました。ちなみに車は、N-BOX(ノーマルターボ)です。

なお、このブログ記事をご覧になって、ご自身で交換作業を行う場合は「自己責任」でお願いいたします。万一、交換に失敗してスマートキーが故障・破損するなどのトラブルが発生した場合でも、当方は一切の責任を負わないものとします。あらかじめご了承ください。

スマートキーの電池交換は、Hondaのディーラーでも交換してくれると思います(交換費用は電池の実費程度かと)。自信のない方は、ディーラーでボタン電池の交換をお願いすることをおすすめします。


さて、さっそくですがスマートキーの電池交換のやり方をご紹介。まずはN-BOXの取扱説明書で電池交換の方法を確認。交換するボタン電池の型番(番号)は「CR1632」。スペアキーと合わせて、2個の電池を用意しました。

キーを開けるコインには10円玉を使用。ティッシュペーパーを巻いてカバーを取り外しました。

N-BOXの取扱説明書にある「電池交換のしかた」
N-BOXの取扱説明書にある「電池交換のしかた」

スマートキーと10円玉
スマートキーと10円玉


カバーを外す際の注意点は、説明書のイラストのように「Hマークを上にする」こと。ボタンのあるほうを上にしてカバーを外すと、ボタンが外れる可能性が大きいです(実は最初、うっかりボタン側を上にして作業したため、カバーが開いた途端にボタンが外れたのでした……)。

キーの下にある溝にコインを入れ、右か左にひねる(回転させる)と、カバーの半分が外れます。あとは、上の方をそっと引っ張るような感じで少しずつ動かすと、カバーを完全に外せると思います(ちょっと固いので、慎重に)。

スマートキーのカバー下部を外した状態
スマートキーのカバー下部を外した状態

スマートキーのカバーを外した状態
スマートキーのカバーを外した状態


カバーを取り外したあとは、ボタン電池の取り外し。しかし、指だけで外そうとしても、なかなかボタン電池が外れない(外せない)のでは?

ボタン電池の上の方にある隙間にマイナスドライバーか、あるいは「内蔵キー」の細い部分を差し込むと、ボタン電池を浮かせることができると思います。

スマートキーに格納されている「内蔵キー」(引っ張り出した状態)
スマートキーに格納されている「内蔵キー」(引っ張り出した状態)

内蔵キーを使ってボタン電池を浮かせる作業
内蔵キーを使ってボタン電池を浮かせる作業

ボタン電池を外したスマートキーと、交換用のボタン電池
ボタン電池を外したスマートキーと、交換用のボタン電池。型番(番号)は「CR1632」

スマートキーの基板を外した状態
スマートキーの基板を外した状態


ボタン電池を交換したあとは再びカバーを閉じて、スマートキーの電池交換作業は終了。同じようにして、スペアキーの電池も交換しておきます。



ところで今回の電池交換のきっかけは、運転席前のスピードメーター右側・インフォーメーションディスプレイ(燃料計表示のある方)にある「Hondaスマートキー電池消耗警告灯」が点滅しアラームが鳴ったこと。N-BOXのマニュアルを見ると「電池残量が少なくなったときに、ブザーと同時に点灯」とありました。今の車って、リモコンキーの電池の消耗までお知らせしてくれるのですね。

N-BOXの取扱説明書にある「計器の見かた」
N-BOXの取扱説明書にある「計器の見かた」

「Honda スマートキー電池消耗警告灯」の説明
「Honda スマートキー電池消耗警告灯」の説明


ところでスマートキーのバッテリー寿命ですが、N-BOXの場合、電池の寿命は「だいたい2年半ぐらい?」のようです。警告灯が出た後、スペアのスマートキーを使っていましたが、そのスペアキーの方も1ヶ月ぐらいで警告灯が表示されました。よって今回、2つのスマートキーの両方とも電池交換しておきました。

今後はN-BOXの車検のときを目安に、電池の寿命が来て完全に電池切れとなる前に、スマートキーの電池交換をすることになりそうです。


※ちなみにボタン電池(CR1632)はジョーシンWebで購入。価格は150円(ジョーシン店舗価格だと220円でした)。2,000円以上で送料無料だった時に、日用品や医薬品とのまとめ買いにて購入。ジョーシンWebはドラッグストア「マザーピア」の商品も購入できるので便利です。
アマゾンでボタン電池「CR1632」を検索
楽天市場でボタン電池「CR1632」を検索


※おまけ:スマートエントリーとキーレスエントリーの違いについて
昔はリモコンキーのことを「キーレスエントリー」といっていたと思います。しかし現在では「スマートエントリー」といいますよね? 両者の違いがWikipediaに載っていました。

Wikipediaの説明によると、『スマートエントリーはキーレスエントリーを進化させたものであり、キーレスエントリーはキーのボタンを押さないと解錠・施錠はできないが、スマートエントリーは、ポケットやカバンに入れておいても、車両に近づく、あるいはドアノブに触れるだけでドアが解錠し、鍵穴にキーを指すことなくスマートエントリー搭載車にはたいてい装備されているエンジンスタートボタンを押すことでエンジンがかかる仕組みである』とか。
スマートエントリー - Wikipedia


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿