「アストロH/ひとみ」/2016新語・流行語候補(2月17日)

きょうの2016新語・流行語候補は「アストロH/ひとみ」。

2月17日(水)、日本の新しい天体観測衛星「アストロH」の打ち上げが成功。午後5時45分、鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケット30号機で打ち上げられ、およそ14分後、高度579キロ付近で予定どおり地球に回る軌道に投入されたとのこと。

「アストロH」はJAXA(宇宙航空研究開発機構)がNASA(アメリカ航空宇宙局)などと協力して開発。

地球上では大気に吸収されて観測出来ない「エックス線」をこれまでより最大100倍高い感度で捉えられることから「宇宙の天文台」ともいえる衛星で、ブラックホールの成り立ちなど宇宙の謎の解明につながると期待されているとか。

今後試験観測を行って、順調にいけばことし11月ごろから本格的な観測を始めるという。
天体観測衛星「アストロH」 打ち上げ成功 NHKニュース


このあと「アストロH」の名称は「ひとみ」と命名された、とのこと。JAXAのプレスリリースで発表されました。

「ひとみ」という名称の由来は、以下のとおり(プレスリリースより引用)。

  • 「ひとみ」(ASTRO-H)が「熱い宇宙の中を観るひとみ」であること。
  • 画竜点睛(竜を画いてひとみを点ず)の故事において、ひとみを描きこんだ途端に、竜が天に昇ったことから示されるように、物事の最も肝要なところという意味に使われる。「ひとみ」(ASTRO-H) は、X線天文学において、物事を知るのに最も肝要なミッションになってほしいという願いが込められている。
  • 瞳は、眼の中で光を吸い込む部分でもある。ブラックホールは「宇宙の瞳」であるともいえる。
    「ひとみ」で「宇宙の瞳」を観測する。

JAXA | X線天文衛星(ASTRO-H)の太陽電池パドル展開及び衛星の名称について


参考:
JAXA|宇宙航空研究開発機構
X線天文衛星「ひとみ」(ASTRO-H) 特設サイト | ファン!ファン!JAXA!

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿