アカデミー科学技術賞/2016新語・流行語候補

きょうの2016新語・流行語候補は「アカデミー科学技術賞」。


アカデミー賞の1部門である「科学技術賞」の授賞式が2月13日、アメリカ・カリフォルニア州で行われ、三重県在住でイギリスのソフトウエア会社に在籍する日本人エンジニア・中垣清介さん(35)が同僚3人と共に選ばれた、とのこと。中垣さんらは、コンピューターグラフィックスに効率よく色や質感をつけるソフトを開発。映画「アバター」など多くの作品で利用されている、とか。
アカデミー賞「科学技術賞」 日本人エンジニアの中垣清介さんが受賞 - ライブドアニュース


Wikipediaによると、アカデミー科学技術賞は「アカデミー賞の部門のひとつ」「特定の映画に直接関わった賞ではなく、映画に貢献した重要な技術、技術者に対しておくられる賞」「授賞式は一般的なアカデミー授賞式よりも早く行われる」とのこと。
アカデミー科学技術賞 - Wikipedia


また「受賞は年にひとつとは限らない」とか。冒頭の記事でも『今年の「科学技術賞」は中垣さんら33人の技術者に贈られた』とあります。

とはいえ、簡単にもらえる賞ではないでしょうから、33人の技術者の中に日本人が選ばれたことは、栄誉あることだと私は思います。

> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

コメント

コメントの投稿