ESET(イーセット)が「トロイの木馬」を誤検出するエラー/ウイルス定義のアップデートが原因?

2016/02/29の19時現在、PCブラウザでWebページにアクセスした際、セキュリティ対策ソフト「ESET(イーセット)」が「トロイの木馬」を誤検出するエラー、すなわち「コンピュータウイルスの誤検知・誤検出・誤作動」エラーが発生しているようです。

ESETの「トロイの木馬」検出の警告メッセージ
ESETの「トロイの木馬」検出の警告メッセージ


検出された脅威として「HTML/Refresh.BC トロイの木馬」「JS/ScrInject.B トロイの木馬」などを警告するページが表示され、本来のWebページが閲覧できない……と、ツイッターなどでも多くのつぶやきが。閲覧できないページはアマゾンや楽天ほか、さまざまなWebサイトに渡っているようです。
「eset」のYahoo!検索(リアルタイム) - Twitter(ツイッター)、Facebookをリアルタイム検索


ESETのウイルス誤検出の原因は、ウイルス定義データベースのアップデートと思われます。現在、ウイルス定義データベースのバージョンが「13102(20160229)」となっています。

ESETのウイルス定義データベースのバージョン
ESETのウイルス定義データベースのバージョン

次にアップデートが行われて、ウイルス定義データベースのバージョンが「13103」になれば、今回のウイルス誤検知はなくなると思うのですが……。

ちなみに「今すぐアップデート」で手動アップデートも試してみましたが、2016/02/29の19時現在では、現バージョンのまま。よって改善は見られません。

※一時的に「ウイルス定義データベースのバージョンダウン」ができれば良いのですが、そういう方法はないようです。
→「設定→詳細設定を表示する→アップデート→アップデートのロールバック で 12時間前にすれば取りあえず症状は止まります」とのコメントをいただきました(感謝!)


ESETのウイルス定義データベースが早くバージョンアップされますように……(汗)


【追記】
20:20ぐらいに新バージョン「13103」のアップデートが始まったようです。私も更新できました。トラブルもないようです。
これにて今回の騒動は終了……だと思います。

ご覧いただいたみなさま、そしてコメントいだだいたみなさま、ありがとうございました!


> コメントを閲覧・投稿する(現在 62 )