大阪市立大学(市大)のシンボル「ヤシの木」の写真/伐採の前日に撮影

大阪市立大学(以下、市大)・杉本キャンパス(大阪市住吉区)のシンボルとして長年親しまれてきた1号館前・ワシントン広場の「ヤシの木」29本が、2017年6月12日(月)から伐採されることになった……ということで伐採開始日の前日である11日(日)、市大まで見納めに行ってきました。

知ったのは土曜の夕方、産経新聞・夕刊の記事で。そのときは行こうとは思わなかったのですが、日曜になってから迷いだして、結局、見納めに行くことに。行くか行くまいか、けっこう悩んだのですが、結果的には行ってきて良かったです!

いろいろ見て回りたかったのですが、時間的余裕がなかったなど諸々の事情により、滞在時間は約20分ほど(苦笑) バイク・車の入場が全面禁止になっていたというのが、驚きでした……。


以下、撮影してきた写真です。
※守衛さんのすすめで、NHK朝ドラ「あさが来た」でディーン・フジオカさんが熱演した「五代友厚」の銅像も見てきました。

大阪市立大1号館前のヤシの木(1)
大阪市立大1号館前のヤシの木(1)

大阪市立大1号館前のヤシの木(2)
大阪市立大1号館前のヤシの木(2)

大阪市立大1号館。時計台は国の登録有形文化財とか
大阪市立大1号館。時計台は国の登録有形文化財とか

大阪市立大学・五代友厚の銅像。文学部棟と商学部棟の間にある(五代スクエア?)
大阪市立大学・五代友厚の銅像。文学部棟と商学部棟の間にある(五代スクエア?)

五代友厚の銅像の横にある碑文
五代友厚の銅像の横にある碑文

五代友厚の銅像がある場所までの地図
五代友厚の銅像がある場所までの地図
※守衛室でいただきました(今回、守衛さんたちにはいろいろお世話になりました。感謝!)
※本来は白黒コピー(着色部分は、私が画像編集したものです)

1号館と文学部棟の間にある樹木
1号館と文学部棟の間にある樹木
※昔はこのあたりに車やバイクを駐車できたのに……てか、めちゃ大きく生長してる!
※現在は、バイク・自動車は原則入場不可。自転車もキャンパス内を走行できないみたいです。

1号館正面玄関からワシントン広場・学術情報総合センターを撮影
1号館正面玄関からワシントン広場・学術情報総合センターを撮影

さよなら、ワシントン広場のヤシの木……
さよなら、ワシントン広場のヤシの木……

ラストは再び、1号館・時計台で
ラストは再び、1号館・時計台で


ちなみに、今回の伐採の理由は「安全管理のため」とのこと。過去の資料から、卒業記念の一環として1957~58年(昭和32~33年)に植樹されたと推定されていて、それから約60年が経過。当時は50センチほどだったヤシの木の高さも、現在は20メートル以上まで生長。

50~60年とされる寿命も近いこと、そして強風時に幹が折れたり、葉や葉柄(ようへい)などが落下する危険性が強まってきたことから、ヤシの木の伐採が決定。12日(月)~16日(金)までの5日間をかけて、29本のすべてのヤシを順次伐採する予定だそうです。


ヤシの木を伐採した後については、市大のページに「伐採後はしばらくの間、芝生広場とし、学生の憩いの場として活用」「植樹計画に関しては今後検討」とあります。ということは、現在のところ、植え替える計画はないようですね。

もともと卒業記念の一環として植樹されたらしいので、同じように現在の学生さんたちで新しいワシントンヤシの植樹を計画し、その植樹費用を何らかのカタチで集め(募金とか、今なら「クラウドファンディング」?)、大学側に寄贈する……とかできれば良いかな? と個人的には思ったのですが。だって、あの五代友厚の銅像も寄付で建てられた(「事業費約3千万円の大半は卒業生からの寄付でまかなった」とか)のですから。
「五代友厚の精神学んで」創設の大阪市大に銅像設置へ 3月、OBOGの寄付金集まる - 産経WEST

敷地内に施設がある文学部・経済学部・商学部・法学部のみなさん、どうですかね……。


参考リンク:
大阪市立大学のシンボルであるヤシの木を伐採します — 大阪市立大学
ワシントンヤシについて — 大阪市立大学
大阪市大のシンボルのヤシ、11日で見納め 植樹から60年、倒木・落葉の危険で伐採へ(1/2ページ) - 産経WEST
大阪市大のシンボル、伐採始まる 29本のヤシの木 寿命近づき倒木の危険 - 産経WEST
大阪市大、シンボルのヤシを伐採 | ロイター


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )