「Amazonプライム無料体験」で気づいたプライム特典のメリット


2017年4月末、「Amazonプライム無料体験」に申し込み、5月末までの1ヶ月間、お試し利用してみました。

そこで今回の無料体験を『「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月』にまとめ、ブログで公開することにしました。


このページでは、「Amazonプライム無料体験」で気づいたプライム特典のメリットなどを紹介したいと思います
※2017年6月現在の内容です。


改めて気づかされたのが最短日数・日時で届く「お急ぎ便の便利さ」。私の場合、深夜12時に申し込んだ商品がその日のうちに届きました。クロネコヤマトの宅急便で発送された商品は、当日の午後3時半ごろには届きました。小さな商品のため、日本郵便によるポスト投函(ゆうメール?)で発送されたものがありましたが、それでも夕方には投函されていました。いずれにしても、本当に当日中(あるいは翌日)に届くというのは驚きでした。


あと、無料体験がきっかけで初めて知ったのが、ビデオや音楽が無料で利用できること。個人的には見たい・聴きたいと思ったコンテンツのほとんどは「プライム・ビデオ」「Prime Music (プライムミュージック)」で、無料で提供されていました。

ただし洋画・海外ドラマの場合、字幕版が多いようです。個人的には吹き替え版のほうが好きなので、少し残念。比較的新しい洋画や海外ドラマだと、吹き替え版もあるようです。いずれにしても、見たいと思った映画やドラマのほとんどが無料で見られるのには、本当に驚きました。

「プライム・ビデオ」のページ
「プライム・ビデオ」のページ


音楽については、100万曲以上が聴き放題! 本当にたくさんの曲が無料で視聴できます。好きな曲をリストに登録することもできます。さらにアルバム単位でも登録できます。

面白いのが、テーマごとにまとめた音楽リストも提供されていること。例えば「夏の夕暮れに切ないロック」「パーティで聴くロック」「実家に置き忘れたレコード(ロック編)」など……意外な曲に出会えるかも?

「Prime Music (プライムミュージック)」のページ
「Prime Music (プライムミュージック)」のページ


そして、Amazon パントリー。食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつから必要な分だけ、「ひと箱あたり290円の取扱手数料」で注文できるサービスです。商品によっては、スーパーの特価よりも安いものがあったりします。Amazonパントリーの価格表示は「税込価格」なのでわかりやすいです。

よく使う生活用品、特に大きな商品や重い商品などを定期的にまとめ買いするのに便利かも? 自宅まで届けてくれるので、ちょっと買い物に行くだけでも1時間ぐらいはかかるのでは? その時間を290円で省略できると思えば、安くてお得といえそうです。
※なお現在、特定商品5点でこの290円が無料になるサービスがあるので、例えば「カップヌードル5個」で無料にできます(笑)

「Amazon パントリー」のページ
「Amazon パントリー」のページ


一方で、「プライム・フォト」や「Kindleオーナー ライブラリー」については、全然利用しませんでした。個人的には「写真をネット上(クラウド)に保存する習慣がない」「Kindleを持っていない」ので……(汗)


いずれにしても、ここまでご覧になってAmazonプライムに興味を持たれた方は、Amazonプライムのページをチェックしてみることをオススメします!

「Amazonプライム」のトップページ
「Amazonプライム」のトップページ


以上、「Amazonプライム無料体験」で気づいたプライム特典のメリットなどの紹介でした。


目次は以下のリンク先ページにあります。
「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月|コレトのブログ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

Amazonプライム「月間プラン」スタート/月額400円(税込)で「プライム・ビデオ」「Prime Music」が利用可能に


2017年6月8日、Amazonプライムに「月間プラン」が追加されたとのニュースがありました。費用は月額400円(税込)。なお、月間プランの契約後、割安な年額プランに変更も可能とのこと。一方、従来の「年間プラン」は年額3,900円(税込)のまま。ひと月あたり325円と、月間プランよりも割安になっています。

ただし月間プランでも「自動更新」が行われるようなので、ひと月単位の利用であれば、自動更新の前に解約手続(自動更新の停止、会員登録キャンセル)は忘れずに行うよう、注意が必要かも?


Amazonプライムに追加された「月間プラン」
Amazonプライムに追加された「月間プラン」


ちなみに、登録から30日間は無料で利用可能とのこと。この30日間の無料体験のあと、自動更新で課金されるようです。逆に、自動更新の前に解約手続(自動更新の停止、会員登録キャンセル)を行えば、月額料金を支払う必要はない、ということに。

※Amazon.co.jp ヘルプ「Amazonプライムの年会費について」のページによると、「無料体験期間もしくは有料会員期限が終わると、自動的にAmazonプライム会員の登録が更新され、ご登録のクレジットカードに会費が請求されます」とあります。
Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライムの年会費について


ひと月単位で利用したい場合、事前に解約手続をしておかないと、自動的に翌月分が更新されてしまうかも? 解約手続(自動更新の停止、会員登録キャンセル)の方法を確認しておくことをオススメします。
Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライム会員登録をキャンセルする、返金を受ける


さて、Amazonプライム「月間プラン」のメリットですが、以下のような方には利用するメリットがありそうですね?:

急いで商品を受け取りたい場合など「お急ぎ便・日時指定便」の有料オプションを利用するになった方
Amazonプライムの映画やテレビ番組が見放題のビデオサービス「プライム・ビデオ」を、一定の月だけ利用したい方(月額400円は、海外ドラマ1シーズン分レンタルするより安い)
Amazonで買い物をするけれど、利用回数は多くないという方(3ヶ月全く利用しない月があれば、月間プランのほうがお得)

いずれにしても、選択肢が増えるのはいいことなのかも? 利用者ぞれぞれのスタイルに合ったAmazonプライムの使い方ができるという意味で。


※なお、Amazonプライムの登録には「クレジットカードをアカウントに登録する必要があります」とのこと。詳しくは、以下のAmazonのページを参照のこと。
Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライム無料体験に申し込む

※クレジットカードを持ってない方(学生さんなど)は、クレジットカードと同じように使える年会費無料の銀行引き落としカード「Visaデビットカード」を検討されてみては?
以下、例として三井住友銀行のページを(他の銀行でも同様のサービス&説明ページがあります)。
SMBCデビット(Visaデビット) : 三井住友銀行



【参考リンク】
「Amazonプライム」に月額プラン 月400円 - ITmedia NEWS
Amazonプライムの月額プランが400円でスタート。プライム・ビデオなど利用可能 - AV Watch
Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライムの年会費について


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

家族会員もある! 「Amazonプライム」の特典とは?

2017年4月末、「Amazonプライム無料体験」に申し込み、5月末までの1ヶ月間、お試し利用してみました。

そこで今回の無料体験を『「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月』にまとめ、ブログで公開することにしました。


このページでは、Amazon プライムの特典について簡単に紹介したいと思います
※2017年6月現在の内容です。

Amazon プライムの主な特典
Amazon プライムの主な特典


Amazon プライムには、主に以下のような特典があります。

お急ぎ便・日時指定が無料
1800万点以上の対象商品のお急ぎ便・お届け日時指定便が無料で利用できる。

プライム・ビデオ
映画もTV番組も見放題

Prime Music (プライムミュージック)
100万曲以上が聴き放題。お気に入りの楽曲を自分のプレイリストに登録したり、音楽の専門家が選曲した数百のおすすめプレイリストを「追加料金なし」で楽しめる

プライム・フォト
好きなだけ写真を保存可能

会員限定先行タイムセール
タイムセール特価商品を、通常の開始時間より30分早く注文できる

Amazonパントリー
食品・日用品を中心とした低価格の商品をひとつから必要な分だけ、「ひと箱あたり290円の取扱手数料」で注文できる

Kindleオーナー ライブラリー
1万冊以上のKindle本から毎月1冊レンタル。どのKindleでも、無料で利用できる


意外といろんなサービスがある! と、思いませんか?(笑)

個人的には「お急ぎ便・日時指定が無料」がプライムの特典であることは、すでに知っていました。しかし、ビデオが見放題の「プライム・ビデオ」や、音楽が聴き放題の「プライムミュージック」は、無料体験に申し込んでみて初めて知りました。あと、290円の取扱手数料で、ひと箱に入る分まで日用品など安く購入できる「Amazonパントリー」も。で、これらのサービスについては、お試し期間中に実際に利用してみました!
※一方で「プライム・フォト」や「Kindleオーナー ライブラリー」については、全然利用しませんでしたが(汗)


さらに、これもあとから知ったのですが「Amazonプライム家族会員」というサービスも。

「Amazonプライム家族会員」が利用できる特典内容
「Amazonプライム家族会員」が利用できる特典内容

「Amazonプライムの配送に関する特典は、会員登録したご本人のほか、同居のご家族2人までが家族会員として一緒にご利用いただけます」とあります。
Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライム家族会員を登録する


ここまでご覧になって、Amazonプライム特典を利用したいと思ったら、まずは「Amazonプライム無料体験」に申し込むことをオススメします。

ただし、登録には「クレジットカードをアカウントに登録する必要があります」とのこと。詳しくは、以下のAmazonのページを参照のこと。
Amazon.co.jp ヘルプ: Amazonプライム無料体験に申し込む

※ちなみにクレジットカードがない(作れない)、あるいは登録が不安……という場合は、クレジットカードと同じように使える年会費無料の銀行引き落としカード「Visaデビットカード」を検討されてみては?
以下、例として三井住友銀行のページを(他の銀行でも同様のサービス&説明ページがあります)。
SMBCデビット(Visaデビット) : 三井住友銀行



目次は以下のリンク先ページにあります。
「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月|コレトのブログ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

「Amazonプライム無料体験」を申し込んだきっかけ

このページでは2017年4月、Amazonプライム無料体験に申し込んだきっかけについて紹介したいと思います。


今回、初めて「Amazonプライム無料体験」を申し込みました。そのきっかけは「早く手に入れたい品物があったから」です。具体的には「電子レンジが壊れてしまったため」です(苦笑)。

電子レンジが壊れると、冷凍食品を温めることができないため、たいへん不便……1日でも早く、手に入れる必要が!

というわけで、価格コムやAmazonで、最新の電子レンジ情報をチェック。壊れてしまった電子レンジ「HITACHI MRO-GS7-H(日立)」と同じような電子レンジを探した結果、最終的に「日立 スチームオーブンレンジ ヘルシーシェフ 23L ホワイト MRO-RS7 W 」を購入することに。

価格コムや楽天市場、Amazonなどの販売価格を調査・比較してみた結果、Amazonが最安値(当時、約2万円ほど)でかつ配達スピードも最短ということで、Amazonで購入することにしました。


日立 スチームオーブンレンジ ヘルシーシェフ 23L ホワイト MRO-RS7 W

当初は、「当日お急ぎ便」など有料オプションを利用しようと思っていました。しかし、商品ページに「お急ぎ便無料でカートに入れる Amazonプライム無料体験について」という(無料体験を申し込むことで、有料オプションが無料になる)表示が出ていたので、ちょうど良い機会だと思い、初めて「Amazonプライム無料体験」を試してみることにしました。


「Amazonプライム無料体験」を勧めるメッセージ欄
「Amazonプライム無料体験」を勧めるメッセージ欄


「当日お急ぎ便」、本当に当日に届きました。すごいですね! 深夜0時に注文したのですが、当日の午後3時ごろ、クロネコヤマトで届きました!(ちなみに大阪南部在住です) おかげで、半日不便な思いをしただけで済みました。いやはや……Amazon、価格もすごい(安い)ですが、配達スピードもすごい!



ところで、これまでにも何度か、この「Amazonプライム無料体験」のPRメッセージを目にしたことはあります。しかし、プライムの特典があまりよくわかっていなかったし、「せいぜい、当日お急ぎ便(または、普通のお急ぎ便)が無料になるぐらいのメリットしかないのでは?」と思っていました。

しかし今回、「Amazonプライム無料体験」をお試ししてみて、Amazonプライムには他にも色々な特典があることがわかりました(実際にやってみて、わかることってありますね! 汗)

次回は、お急ぎ便オプションが無料になる以外の、Amazonプライムの特典(メリット)について紹介したいと思います


※2017年4月末、「Amazonプライム無料体験」に申し込み、5月末までの1ヶ月間、お試し利用してみました。

そこで今回の無料体験を『「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月』にまとめ、ブログで公開することにしました。

目次は以下のリンク先ページにあります。
「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月|コレトのブログ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

「Amazonプライム無料体験」の解約方法

このページでは、2017年5月現在における「Amazonプライム無料体験」の解約方法を紹介しておきます。というのも、解約方法を事前に見ておけば、「いつでも簡単に解約することができる」ということが分かるため、無料体験のお試しに申込しやすいのでは? と思うからです。

※なお、このページで説明している解約方法は、パソコンからのものです。スマホからのAmazonプライム無料体験」解約方法もだいたい同じだと思うのですが……私自身はスマホから解約手続をしていないので、詳細は不明です。もし違っていれば、申し訳ありません。


さて「Amazonプライム無料体験」の解約手続きは以下の通りです:

1)「アカウントサービス」から「プライム」を選択。
1)「アカウントサービス」から「プライム」を選択。

2)左側メニューの一番下の「自動移行しない」をクリック。
2)左側メニューの一番下の「自動移行しない」をクリック。

3)「会員情報を変更する」画面で、「会員資格を終了する」をクリック。
3)「会員情報を変更する」画面で、「会員資格を終了する」をクリック。

4)「プライム会員解約の確認画面」で、「会員資格を終了する」をクリック。
4)「プライム会員解約の確認画面」で、「会員資格を終了する」をクリック。

5)「プライム会員資格は[終了年月日]に終了します。」という表示が出て、プライム会員解約の作業が完了。
5)「プライム会員資格は[終了年月日]に終了します。」という表示が出て、プライム会員解約の作業が完了。


ちなみに「Amazonプライム無料体験」の解約手続のタイミングですが、無料体験の終了日前なら、いつでも良いようです。終了日の数日前に解約手続きをしても、無料体験自体は1ヶ月間、継続されるようです。
※自分は無料体験終了の2日前に解約手続きをしましたが、「無料体験の終了日(申込日から1ヶ月)まではプライム会員の特典を利用できます」という内容のメッセージが表示されました。

逆に、解約手続をしなかった場合は、自動的に更新されます。更新したくない場合には必ず「自動更新しない手続き」を忘れずに!


以上、2017年5月現在における「Amazonプライム無料体験」の解約方法の紹介でした。



※2017年4月末、「Amazonプライム無料体験」に申し込み、5月末までの1ヶ月間、お試し利用してみました。

そこで今回の無料体験を『「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月』にまとめ、ブログで公開することにしました。

目次は以下のリンク先ページにあります。
「Amazonプライム無料体験」お試しレポート/2017年4月~5月|コレトのブログ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )