【解決】DiXiM Digital TV PlusがWindows10で再生できないエラー

2017年6月某日、OSがWindows10の自作PC(CPUに「Intel Core i5-7500」など、ほぼ最新のパーツ構成)に「DiXiM Digital TV plus Ver.2.3.0.8」をインストールしたのですが、ハードディスクレコーダー(HDDレコーダー)に録画した番組が再生されませんでした。番組タイトルをクリックしても再生が始まらず、画面が真っ黒なまま止まっている状態?!

対処方法として、ソフトの再インストールやセキュリティソフト(ESET)のパーソナルファイアウォールの停止、そしてマザーボードのBIOSアップデートなど、自分でいろいろ試してみたものの、まったく改善されず……。

そこでアスクのユーザーサポートに問い合わせたところ、新バージョン「DiXiM Digital TV plus Ver.2.3.0.9」を提示されたのでインストール。すると、きちんと再生されるようになりました!

番組タイトルをクリックしても再生が始まらず、画面が真っ黒なまま止まっている状態の「DiXiM Digital TV plus」
番組タイトルをクリックしても再生が始まらず、画面が真っ黒なまま止まっている状態の「DiXiM Digital TV plus」


ただし2017月6月現在では「すべての環境で発生する問題ではない」ということで、サポートサイトではアップデータ(バージョン2.3.0.9)を公開していない、とのこと。

というわけで、最新のパーツ構成のPC(=Windows10対応のDiXiM Digital TVシリーズを動作要件を満たしているPC環境)なのに、「DiXiM Digital TV Plus」が再生できなくて困っていらっしゃる方は、ユーザーサポートに問い合わせて見ることをオススメします。
ソフトウェアのお問合せ - ASK Customer Support Center


※ただし問い合わせる前には念のため、サポートサイトのページで「パソコン側の条件」や「対処策」を確認のこと。このページの内容を見て、改善される可能性もありますので。

番組タイトルをクリックしても再生が始まらず画面が真っ黒なまま止まる - ASK Customer Support Center
[対象:Windows10対応のDiXiM Digital TVシリーズ]:番組タイトルをクリックしても再生が始まらず画面が真っ黒なまま止まる - ASK Customer Support Center


なお、私の主なPC環境は以下の通りです:
・CPU:Intel Core i5-7500(Intel HD Graphics 630 - 21.20.16.4678 2017/05/17)
・マザーボード:ASUSTeK PRIME H270-PRO(BIOS - 0807 06/07/2017)
・OS:Windows 10 Home(1703 15063.413)


再生できなかったときの状況は以下の通り:
1)DiXiM Digital TV plusは起動できる
2)HDDレコーダーの録画番組一覧は、表示される
3)番組の選択はできる
4)しかし再生されず、黒い画面のまま。音声も再生されない。時間表示にも変化がない
※以前のWindows7のときには再生できていた。よって、PCとHDDレコーダーとの間(ネットワーク)には問題がないと判断。


試みた対処法は以下の通り:
1)DiXiM Digital TV plusの再インストール
2)グラフィックドライバーのアップデート確認(ただし、Windows Updateにより自動更新されているはず)
3)マザーボードのBIOSのアップデート(確認したところ、最新版ではなかったので、手動でアップデートした)


以下のページを見て、「DiXiM Digital TV plus」の動作要件などを確認。
[対象:Windows10対応のDiXiM Digital TVシリーズ]:番組タイトルをクリックしても再生が始まらず画面が真っ黒なまま止まる - ASK Customer Support Center


……とここまでやっても改善されず、途方に暮れていました。そこで試しに「dixim digital tv plus windows10 core i5 7500」でGoogle検索してみたところ、以下のブログ記事を発見。まさに同じようなPCパーツ構成で、同様のトラブルに。そしてサポートに問い合わせたら「DiXiM Digital TV plus-2.3.0.9という隠れバージョンをダウンロードして試すこと」を提示されたとの情報が……。
メイン機の更新: 暇つぶし日記

上記ブログ記事のおかげで今回、私のトラブルも解決できたようなもの。この場を借りてお礼申し上げます。


ただし、それまでのGoogle検索でもなかなか見つけられませんでした。そして私のように、最新のパーツ構成のPCなのに「DiXiM Digital TV Plus」が再生できなくて困っていらっしゃる方もいらっしゃると思うので、今回、このブログ記事を書いてみました。参考になれば幸いです。


※ただし少しだけトラブルが。再生中にリサイズする(最大化など)と「0x80004005」というアラートが出て、再生エラーが発生。「前回の続きから再生する」などで、再生のやり直しが必要。一時停止しておいてリサイズすると、発生しません。新しいバージョンで解決されるのか? それとも私のPC固有のトラブルなのか? 不明です。


なにはともあれ、きちんと再生できるようになったので、これにて解決ということで!

後日近いうちに「DiXiM Digital TV plus-2.3.0.9」(またはそれ以降のバージョン?)が正式に公開されることを期待したいと思います。


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

IE11のバージョン情報に「新しいバージョンを自動的に更新する」がないのは、なぜ? 表示させる方法は?

自分のIE11のバージョン情報に「新しいバージョンを自動的に更新する」のチェック項目がありません。質問1)なぜ? 質問2)どうすれば表示させて更新することが出来るのでしょうか?』という内容のコメントをいただきました。


「新しいバージョンを自動的に更新する」の表示がないバージョン情報(IE11) ※質問者からの投稿画像
「新しいバージョンを自動的に更新する」の表示がないバージョン情報(IE11) ※質問者からの投稿画像


しかし、全然わかりません……(汗) 通常なら、バージョン情報に表示されていると思うのですが。


「新しいバージョンを自動的に更新する」の表示があるバージョン情報(IE11) ※私のIE11より
「新しいバージョンを自動的に更新する」の表示があるバージョン情報(IE11) ※私のIE11より


とりあえず、同様の事例がないかをGoogleで検索。しかし手がかりが見つからない……。

ためしにGoogle画像検索で「IE11 バージョン情報」を検索。表示がないバージョン情報の画像が見つかるかな? と思ったのですが、まったく見あたりませんでした。
IE11 バージョン情報 - Google 検索



ひょっとしたら、同じようにIE11のバージョン情報に「新しいバージョンを自動的に更新する」がない方がいらっしゃるのでしょうか……? 「新しいバージョンを自動的に更新する ない」「新しいバージョンを自動的に更新する 消えた」「新しいバージョンを自動的に更新する 表示方法」などで検索されてたり、とか?


というわけで、ウチのブログで記事にしてみました。何か情報や、解決策がわかれば、また追記したいと思います。

※もし、この記事を見かけられた方で、理由や解決方法がおわかりになるという方がいらっしゃれば、ぜひコメントいただければ幸いです。


【2017/05/12追記】
理由がわかりました。おそらく「新規にインストールした(あるいはクリーンインストールした)Windows10のIE11には、最初から自動更新のチェック欄がない」ということのようです。詳細は、以下のリンク先の当ブログ記事にて。
IE11の最新バージョン情報:5月9日、「11.0.42(KB4018271)」に/Windows 10|コレトのブログ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

2017年3年15日のWindows Update後、「TVTest」が起動できなくなるエラーが発生/その解決策など

2017年3年15日のWindows10の更新(WindowsUpdate「KB4013429」)を行った後、テレビを見るのに使っていたソフト「TVTest(TVTest_0.7.23)」が起動できなくなるエラーが発生するようになりました。そこでツイッターをチェックしてみたところ、「windowsアップデートしたらTVtest起動しなくなった」「TvTest使えなくなった」等というツイートが……。
「tvtest」のYahoo!検索(リアルタイム)


【2017/03/21追記】3月20日(日本時間21日)に、今回の問題を解決するアップデート「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB4015438)」が公開されました。この更新プログラムをWindows Updateでインストールすることで、トラブルが解消されます。

インストールされた「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB4015438)」インストールされた「x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム (KB4015438)」


詳細は以下のマイクロソフトのページを参照のこと。
March 20, 2017—KB4015438 (OS Build 14393.969) - Windows Help……「Addressed a known issue with KB4013429 that caused Windows DVD Player (and 3rd party apps that use Microsoft MPEG-2 handling libraries) to crash=Windows DVD プレイヤー(そして、MicrosoftのMPEG-2ライブラリを利用するサードパーティアプリ)をクラッシュさせる、KB4013429の既知の問題を解決」とあります。

あと、こちらも。
「Windows DVD プレイヤー」がクラッシュする不具合などを修正する更新プログラム「KB4015438」、Windows 10/Windows Server 2016向けに20日より公開 -INTERNET Watch



実際、私のPCでもTVTestが起動できなくなりました。

2017年3年15日のWindows10の更新後、「TVTest」が起動できなくなるエラーが発生
2017年3年15日のWindows10の更新後、「TVTest」が起動できなくなるエラーが発生


そこで解決策をネット検索してみたところ、2ちゃんねるのスレッド「TVTestについて語るスレ Part 83©2ch.net」で、トラブルの原因および解決策が見つかりました。

TVTestが起動できない原因は、KB4013429の適用でMS(マイクロソフト)のデコーダ「Microsoft DTV-DVD Decoder」が使えなくなったためとか? つまり、MSのデコーダを使ったTVTestで、トラブルが発生しているようです(別のデコーダを使っている場合は、問題が起きないようです)。


ということで、解決策は「別のデコーダを使用すること」に。そこで、投稿されていた対応法(TVTestVideoDecoderを導入する方法)を試してみたところ、「TVTest」が起動できるようになり、テレビ映像も見られるようになりました。
TVTestについて語るスレ Part 83©2ch.net……(256番目の投稿)


内容は以下の通りです(もう少し詳しく説明を追加してみました)。

1)https://github.com/DBCTRADO/TVTestVideoDecoder/releasesから「.7zファイル」を取得して展開(例:TVTestVideoDecoder_0.3.0.7z)
※解凍には、以下のフリーソフトを使用。
Lhaplus(ラプラス)|Vector

2)解凍したデータのうち、以下のいずれかの「TVTestVideoDecoder.ax」を、TVTest.exeのあるフォルダーにコピーする。
(32ビット版):src\Win32\Release\TVTestVideoDecoder.ax
(64ビット版):src\x64\Release\TVTestVideoDecoder.ax
※使用しているTVTestが32ビット版(x86)か64ビット版(x64)かを確認のこと。同じビット版でないと、利用できない(デコーダ欄に反映されない)。

3)TVTest.exeのあるフォルダーにある「TVTest.ini」ファイルの内容で、Mpeg2Decoderの項目を「Mpeg2Decoder=TVTest DTV Video Decoder」と書き換え、ファイルを閉じる(これでTVTestの起動エラーが出なくなる。なお「TVTest.ini」ファイルを開いたままだと、起動エラーが解消されないので注意)

4)TVTest.exe起動して、テレビ映像を確認する。


※万一、以上の手順でだめな場合は、コマンドプロンプトを「管理者権限」で開き、「regsvr32 (TVTest.exeのあるフォルダー)\TVTestVideoDecoder.ax」と打ち込み、OS登録(インストール)する。その後、再びTVTest.exe起動して映像確認する。
※例:「regsvr32 c:\Program Files (x86)¥TVTest\TVTestVideoDecoder.ax」など
※「cd c:\Program Files (x86)¥TVTest」と打ち込み(=エンターキーを押す)、次に「regsvr32 TVTestVideoDecoder.ax」という順で打ち込んでも良いようです。


以上の作業を行ったところ、4)の段階でTVTestの起動には成功しましたが、「DirectShowの初期化ができません」とのエラーメッセージが。そこでコマンドプロンプトでの作業を行ったところ、TVTestの起動および映像の表示に成功しました!
※なお、「設定」→「一般」の「デコーダ」欄には、今回導入したデコーダ「TVTest DTV Video Decoder」が登録されていました。

「デコーダ」欄に、「TVTest DTV Video Decoder」が登録
「デコーダ」欄に、「TVTest DTV Video Decoder」が登録


※ちなみに「TVTest DTV Video Decoder」のプロパティは、TVTestの画面上で右クリック→「フィルタのプロパティ」→「映像デコーダ」の設定欄で、以下のようにすると、MSデコーダと同じ感じになるそうです(ということで、しておきました)。

「TVTest DTV Video Decoder」のプロパティ
「TVTest DTV Video Decoder」のプロパティ


2ちゃんねるのスレッドに情報を投稿してくれたみなさんに感謝いたします。ありがとうございました!


※ちなみに現在では「TVTest0.9.0」があることがわかりました。こちらのブログ記事を参考のこと(後日、私も試してみたいと思います)。
PT3 / TVTest のインストールと設定方法 | 積水成淵日記





【2017/03/16追記】最初に投稿した内容に間違い、というか勘違いがありました。32ビット版のTVTestを使っているのに、64ビット版のデコーダ「TVTestVideoDecoder.ax」をコピーしていました。このため、「TVTestVideoDecoder.ax」の登録が反映されていませんでした。この結果、別のデコーダがデフォルトに設定され、たまたま見られるようになっていただけ、でした……(汗)


以下、最初に投稿した内容です(「TVTestVideoDecoder.ax」の登録に失敗しています):
以上の作業を行ったところ、無事にTVTestの起動エラーが解消され、テレビが見られるようになりました!
※ちなみにデコーダの欄は「デフォルト」になっていました。また、「TVTest.ini」ファイルの編集した欄は「Mpeg2Decoder=」になっていました。

無事にTVTestの起動エラーが解消され、テレビが見られるように
無事にTVTestの起動エラーが解消され、テレビが見られるように



> コメントを閲覧・投稿する(現在 10 )

「EaseUS Partition Master 11.9」ハロウィン無償配布版をゲット/でもウチのPCではダメでした……

ハロウィンキャンペーンで無償配布、という「EaseUS Partition Master 11.9」をゲットし、インストールしてみました。しかし、ウチのPC環境とは相性が悪かったのか、トラブルが発生。結局、アンインストールしました……。


『EaseUS Softwareは27日(日本時間)正午より、パーティション編集ソフト「EaseUS Partition Master 11.9」を無償配布するハロウィンキャンペーンを開始する。キャンペーンは24時間限定で、28日の正午まで開催される予定』
パーティション編集ソフト「EaseUS Partition Master」の有償版が24時間限定で無償配布 - 窓の杜

ということで、EaseUSのハロウィンキャンペーンページにアクセスし、「EaseUS Partition Master 11.9」をダウンロード&インストールしてみました。
ハロウィンキャンペーンーEaseUS Partition Master Pro 11.9を24時間限定でHAPPY配布中-2016-

名前&メールアドレス入力後に表示されるページに「ライセンスコード」などが記載されていました。無償配布版というよりは、トライアル版をダウンロードしてインストール。あとから「無料ライセンス」すなわち「ライセンスコード」を使って、24時間以内に認証を行って下さい……ということのようです。


しかし……私のPC環境では相性が悪かったのか、「EaseUS Partition Master 11.9」を起動させると、不具合が発生しました。具体的には「メニュー表示などが透明になってしまう」というトラブルです。

「EaseUS Partition Master 11.9」の画面(トライアル版らしい)
「EaseUS Partition Master 11.9」の画面(トライアル版らしい)


まず「EaseUS Partition Master 11.9」のメニューをクリックしても、何も表示されない……というか、表示されているものの、なぜか透明になっていて、見ることができない、という。

さらに、Windows全般の右クリックメニューが透明化されました。例えばデスクトップ上で右クリックしても、透明のメニュー(つまり、枠組み?)が出るだけ。


しかし、その状態をスクリーンショットに保存しようと「Print Screen」を押すと、なぜかメニューが描画されてしまいます(つまり、正常な状態で保存されている)。


あと、ライセンスキーを入力しようとしても、認証ボタンが押せないという不具合も……。


ただし、ツイッターなどで検索しても、とくにこの件に関するトラブルなどのつぶやき・ツイートは全く見あたりませんでした。なので、ウチのPC環境だけで起きているトラブルなのか……(汗)


何度かPCを再起動もしてみて、「EaseUS Partition Master 11.9」を起動し直してみましたが、結局トラブルが解消されないまま。というわけで、残念ですがウチのPCでは相性が悪かった……ということで、アンインストールしました。原因は何なのか? とにかく、残念。

「EaseUS Partition Master 11.9」のアンインストール方法
「EaseUS Partition Master 11.9」のアンインストール方法


【追記1】
その後、ツイッターでチェックしてみたら「ライセンス認証できない」「ライセンスコードが通らない」「メルアド取られ損」などというツイートがいくつかありました。私もメルアド取られ損……というか、メールアドレス登録後に通常、送られてくると思われる「登録完了メール」などの通知が一切なかったのですが?(ちょっと不安、いや、けっこう不安)


【追記2】
ちなみに、無料で利用できる「Partition Master Free(パーティション・マスター・フリー)」もあったりします。有料版の「Partition Master Professional(パーティション・マスター・プロフェショナル)」との違い・機能の比較は、以下のページで紹介されています。
個人ユーザーやホームオフィス向けの最高なパーティション管理ソフト - EaseUS Partition Masterシリーズ


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

「KB3189866」の更新に成功/Windows Updateの不具合が解消

2016日9月14日から発生していたWindows Updateの不具合=Windows10用更新プログラムファイル「KB3189866」のダウンロードが45%前後で止まったまま、進まない(終わらない)状態で、アップデートができないという不具合が、予想通り、自動的に解消されました


17日夜に『更新とセキュリティ』を確認すると、「更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます」とのメッセージ(x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1607 の累積的な更新プログラム(KB3189866)- エラー 0x8020000f)と再試行ボタンが。もっともこのときは時間がなかったので、再試行せず。

「更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます」とのメッセージ画面
「更新プログラムのインストール中に問題が発生しましたが、後で自動的に再試行されます」とのメッセージ画面


翌18日に『更新とセキュリティ』を確認すると、自動的に更新プログラムのダウンロードが終了しており、「今すぐ再起動する」ボタンが表示されている状態に。

更新プログラム「KB3189866」のダウンロードが終了&再起動を促す画面
更新プログラム「KB3189866」のダウンロードが終了&再起動を促す画面


そこで再起動したところ、無事に「KB3189866」の更新が完了しました。

『更新の履歴』画面。「正しくインストールされました」とのメッセージが。
『更新の履歴』画面。「正しくインストールされました」とのメッセージが。


というわけで、Windows 10 の自動更新(Windows Update)で更新プログラムがダウンロードできないなどのエラーが発生したときは、あわてて手動更新したりせず、しばらく様子を見て自動的に不具合が解消されるのを待った方がよいかも……です。


参考:
「KB3189866」のダウンロードが終わらない?/Windows Updateの不具合が原因?|コレトのブログ(前回の記事)


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )