N-BOX スマートキーの電池交換レポート

N-BOXのスマートキー(リモコンキー)の電池交換をしました。電池の寿命(2年半ぐらい)が来て、バッテリー切れの警告が出たのでした。というわけで、今回はそのレポートを。交換作業は自分で行いました。ちなみに車は、N-BOX(ノーマルターボ)です。

なお、このブログ記事をご覧になって、ご自身で交換作業を行う場合は「自己責任」でお願いいたします。万一、交換に失敗してスマートキーが故障・破損するなどのトラブルが発生した場合でも、当方は一切の責任を負わないものとします。あらかじめご了承ください。

スマートキーの電池交換は、Hondaのディーラーでも交換してくれると思います(交換費用は電池の実費程度かと)。自信のない方は、ディーラーでボタン電池の交換をお願いすることをおすすめします。


さて、さっそくですがスマートキーの電池交換のやり方をご紹介。まずはN-BOXの取扱説明書で電池交換の方法を確認。交換するボタン電池の型番(番号)は「CR1632」。スペアキーと合わせて、2個の電池を用意しました。

キーを開けるコインには10円玉を使用。ティッシュペーパーを巻いてカバーを取り外しました。

N-BOXの取扱説明書にある「電池交換のしかた」
N-BOXの取扱説明書にある「電池交換のしかた」

スマートキーと10円玉
スマートキーと10円玉


カバーを外す際の注意点は、説明書のイラストのように「Hマークを上にする」こと。ボタンのあるほうを上にしてカバーを外すと、ボタンが外れる可能性が大きいです(実は最初、うっかりボタン側を上にして作業したため、カバーが開いた途端にボタンが外れたのでした……)。

キーの下にある溝にコインを入れ、右か左にひねる(回転させる)と、カバーの半分が外れます。あとは、上の方をそっと引っ張るような感じで少しずつ動かすと、カバーを完全に外せると思います(ちょっと固いので、慎重に)。

スマートキーのカバー下部を外した状態
スマートキーのカバー下部を外した状態

スマートキーのカバーを外した状態
スマートキーのカバーを外した状態


カバーを取り外したあとは、ボタン電池の取り外し。しかし、指だけで外そうとしても、なかなかボタン電池が外れない(外せない)のでは?

ボタン電池の上の方にある隙間にマイナスドライバーか、あるいは「内蔵キー」の細い部分を差し込むと、ボタン電池を浮かせることができると思います。

スマートキーに格納されている「内蔵キー」(引っ張り出した状態)
スマートキーに格納されている「内蔵キー」(引っ張り出した状態)

内蔵キーを使ってボタン電池を浮かせる作業
内蔵キーを使ってボタン電池を浮かせる作業

ボタン電池を外したスマートキーと、交換用のボタン電池
ボタン電池を外したスマートキーと、交換用のボタン電池。型番(番号)は「CR1632」

スマートキーの基板を外した状態
スマートキーの基板を外した状態


ボタン電池を交換したあとは再びカバーを閉じて、スマートキーの電池交換作業は終了。同じようにして、スペアキーの電池も交換しておきます。



ところで今回の電池交換のきっかけは、運転席前のスピードメーター右側・インフォーメーションディスプレイ(燃料計表示のある方)にある「Hondaスマートキー電池消耗警告灯」が点滅しアラームが鳴ったこと。N-BOXのマニュアルを見ると「電池残量が少なくなったときに、ブザーと同時に点灯」とありました。今の車って、リモコンキーの電池の消耗までお知らせしてくれるのですね。

N-BOXの取扱説明書にある「計器の見かた」
N-BOXの取扱説明書にある「計器の見かた」

「Honda スマートキー電池消耗警告灯」の説明
「Honda スマートキー電池消耗警告灯」の説明


ところでスマートキーのバッテリー寿命ですが、N-BOXの場合、電池の寿命は「だいたい2年半ぐらい?」のようです。警告灯が出た後、スペアのスマートキーを使っていましたが、そのスペアキーの方も1ヶ月ぐらいで警告灯が表示されました。よって今回、2つのスマートキーの両方とも電池交換しておきました。

今後はN-BOXの車検のときを目安に、電池の寿命が来て完全に電池切れとなる前に、スマートキーの電池交換をすることになりそうです。


※ちなみにボタン電池(CR1632)はジョーシンWebで購入。価格は150円(ジョーシン店舗価格だと220円でした)。2,000円以上で送料無料だった時に、日用品や医薬品とのまとめ買いにて購入。ジョーシンWebはドラッグストア「マザーピア」の商品も購入できるので便利です。
アマゾンでボタン電池「CR1632」を検索
楽天市場でボタン電池「CR1632」を検索


※おまけ:スマートエントリーとキーレスエントリーの違いについて
昔はリモコンキーのことを「キーレスエントリー」といっていたと思います。しかし現在では「スマートエントリー」といいますよね? 両者の違いがWikipediaに載っていました。

Wikipediaの説明によると、『スマートエントリーはキーレスエントリーを進化させたものであり、キーレスエントリーはキーのボタンを押さないと解錠・施錠はできないが、スマートエントリーは、ポケットやカバンに入れておいても、車両に近づく、あるいはドアノブに触れるだけでドアが解錠し、鍵穴にキーを指すことなくスマートエントリー搭載車にはたいてい装備されているエンジンスタートボタンを押すことでエンジンがかかる仕組みである』とか。
スマートエントリー - Wikipedia


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

ホンダのインターナビ対応カーナビでエラー:パスワード再入力画面が表示されるトラブルが

2014年12月はじめ、ウチの車(N-BOX)に装着しているホンダ純正カーナビ「VXM-145VSi」で、インターナビサービスが使えないエラー状態になっていることに気づきました。この不具合の原因は、インターナビサービス設定時に登録した「パスワード」がリセットされてしまったため、インターナビに接続できない状態だったから、でした。インターナビのパスワードを再入力したところ、復旧できました。

このパスワード再入力エラーのトラブルは「11月30日に発生いたしましたインターナビシステム停止」が原因とのこと。

インターナビサービス対応のホンダ純正のカーナビを利用されている方は、設定がリセットされていないか一度、確認したほうが良いかもしれません。


今回の私のインターナビの不具合ですが、具体的には、ナビのルート選択で「インターナビ・ルート」のボタンがグレー表示になっていて、選択ができない。そして「インターナビ・リンク プレミアムクラブ」などの画面を表示しようとすると、インターナビのパスワード(暗証番号)の入力を求める画面が出てくる……というもの。とはいえ、その場ではパスワードがわからないので、対応できず。

帰宅後、自宅にメモしてあったパスワードを入力すると、無事にインターナビサービスが使えるようになりました。
※もっとも、接続確認処理に一度失敗したらしく「接続できません」みたいなエラーメッセージが出て、焦りましたが(汗)


その後、インターナビ登録会員専用のWEBサービス「パーソナル・ホームページ」にログインしたときに、同様のトラブルを知らせるお知らせ『【重要】Gathersナビパスワード再入力画面表示について』が、「インターナビからのお知らせ欄」にありました。私のカーナビは対象にはなっていませんが、まさに同じトラブル……。

このパスワード再入力エラーのトラブルは「11月30日に発生いたしましたインターナビシステム停止」が原因とのこと。以下に引用しておきます。

【重要】Gathersナビパスワード再入力画面表示について
日頃より、インターナビサービスをご利用いただき誠にありがとうございます。
11月30日に発生いたしましたインターナビシステム停止により、一部のGathersナビにおいてパスワード再入力画面が表示される事象が確認されております。
パスワード入力を行わない場合、通信によるインターナビサービスを利用することができません。
ご迷惑をおかけし心よりお詫び申し上げます。

●対象のお客様
・11月30日(日)16時15分~18時45分に走行をしていたお客様
・対象のGathersナビVXS-092CVi/VXS-102VFi/VXS-102VSi/VXM-122VFi/VXM-142VFi/VXM-152VFi

●パスワード確認方法
・納車時にお渡しのインターナビ「登録完了のご案内」もしくはお近くの販売店でご確認ください


というわけで、パスワードさえ分かればすぐに解決できるトラブルなのですが、インターナビのパスワードって、意外と知らない方も多いのでは? というのも、納車時にディーラーから教えてもらっていないケースもあるようなので。実は、私がそうでした

私の場合、会員専用のWEBサービス「パーソナル・ホームページ」を初めて利用する際に、このインターナビ用パスワード(および会員ID)の入力が必要とわかりました。そこでディーラーに問い合わせて、初めて知ったのでした。


本来は、納車のときに、インターナビ用パスワードが記載された『インターナビ「登録完了のご案内」』というものが手渡されるはずなのです。というのも、インターナビ対応カーナビを取り付けた場合、インターナビに登録して「インターナビ・リンク プレミアムクラブ」会員となるため。しかし、私はもらっていませんでした。

インターナビ「登録完了のご案内」見本
インターナビ「登録完了のご案内」見本

インターナビ利用の設定自体は納車時にディーラー側で行っているため、インターナビサービスそのものは利用できるようになっています。

しかし、今回のように思わぬトラブルでインターナビ用パスワードの入力を求められた際、『インターナビ「登録完了のご案内」』が手元になかったり、あるいはパスワードを教えてもらっていない場合、いちいちディーラーに問い合わせたり、あるいは車を持っていくなど手間がかかると思います。


インターナビ対応カーナビを装着したホンダ車をお持ちの方は、インターナビ用パスワードを確認しておくことをおすすめします。わからない場合は、ディーラーに問い合わせて、自宅にメモを残しておくと良いと思います。


【参考ページ】



【2016/10/28補足】「セキュリティコード」について
ホンダ純正カーナビ(Gathers/ギャザズ)の場合、インターナビ用のパスワードとは別に「セキュリティコード」があります(と思います)。

「セキュリティコード」とはカーナビ盗難防止用のシステムで、カーナビを取り外したり、あるいはバッテリーを外したりして、カーナビに電気が流れなった場合、設定が一部、リセットされてしまう仕組み。再び電気が流れたときには、起動時に「セキュリティコード」の入力画面が出ます。

カーナビ(Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」)のセキュリティコードの入力画面。
ウチのカーナビ(Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」)のセキュリティコードの入力画面。バッテリーを取り外ししたときのもの。


セキュリティコードは、ディーラーから渡されている紙のカード(セキュリティカード)に記載されています。ない場合は、事前にディーラーに問い合わせて確認を。

Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」のセキュリティカード。セキュリティコードおよびシリアルナンバーが記載されています。
Gathers/ギャザズ「VXM-145VSi」のセキュリティカード。セキュリティコード(5桁)およびシリアルナンバーが記載されています。


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )