ESETの最新版「ESET Smart Security V9.0」をダウンロードしてバージョンアップ(アップデート)

きょう、公開から約1ヶ月遅れでESETの最新版をダウンロードしてバージョンアップ(アップデート)しました。

ESETの最新版「ESET Smart Security V9.0」のホーム画面
ESETの最新版「ESET Smart Security V9.0」のホーム画面。キャラクターの「ドヤ顔」がちょっと怖い……


ESETバージョンアッププログラムのダウンロードは、以下のページから(なお、最新版へのバージョンアップは無償で行えます)。
バージョンアップ|ESETセキュリティ ソフトウェア シリーズ(キヤノンITソリューションズ)

ウチのPCにはセキュリティ対策ソフトとして、キヤノンITソリューションズの総合セキュリティプログラム「ESET Smart Security V8.0」を使っていました。けれども2016年5月12日、ESETの最新版「ESET Smart Security V9.0」が公開されました。そこで今回、最新版にアップデートしたわけです。

最新版の公開後すぐに更新しなかった理由は、不具合やトラブルを避けるため。一般的なお話として、ソフトウェア・アプリの最新版をすぐにインストールした場合、PCの構成によって何らかの不具合やトラブルなど発生する可能性が高いと思うので。そこで、しばらく様子を見ていたのでした。


ESETのバージョンアップは、今回から上書きインストールが可能らしく、ほとんど手間・時間ともかからずに済みました(以前は旧バージョンのアンインストールが必要だったので、少し面倒でした)。

インストール時および、インストール後も今のところ、特に不具合やトラブルはありません。


というわけで、ESETご利用の方でバージョンアップがまだという方は、そろそろ最新版にアップデートされてみてはいかがでしょうか?


なお、新プログラムの大きな変更点は、以下の2つとか。

1)「製品認証キー」を利用したアクティベーション方法への変更(Windows / Mac向けプログラムのみ)
2)新機能「インターネットバンキング保護」の追加(ESET Smart Security のみ)
新バージョンに関するよくあるお問い合わせについて | ESETサポート情報


※ちなみに、ESETバージョンアッププログラムのダウンロードページがなかなか見つからなくて、イライラしました(苦笑)。ホントはESETのトップページの下のほうに「製品のバージョンが古い方:無償バージョンアップを行う」という大きなボタンがあったのですが、その前に「サポート」などのページにアクセスしてしまい、そちらにはバージョンアップの案内がなかったのでした。ページの下じゃなくて、上の方にバージョアンアップの案内を記載してくれていたら、わかりやすかったのに……と個人的には思いました。


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

QTTabBarのコマンドファイルをコマンドバーに登録する方法

フリーソフト『QTTabBar』で、コマンドファイルをコマンドバーに登録する方法。それは、ダウンロードしたXMLファイルの拡張子を「QTTabBarCommand」に変更したあと、コマンドバーにドラッグする、というもの。そうするとボタンになり、登録することができます。

QTTabBarのコマンドファイルをコマンドバーに登録する方法
QTTabBarのコマンドファイルをコマンドバーに登録する方法


実は「コマンドファイル - QuizoApps」からコマンドファイルのサンプルを使ってみようとしたところ、コマンドバーへの登録の仕方がわからず、解決まで時間がかかりました。というわけで、ここで紹介しておきます。


ページの説明には「ダウンロードした QTTabBarCommand ファイルは、コマンドバーにドロップするとボタンになります。実体はXMLファイルです。右クリックから保存してください」とありました。しかし、IEからリンクを右クリックして保存したXMLファイルを、QTTabBarのコマンドバーにドロップしたあと、ボタンを押しても動作しない。XMLファイルが開かれるだけ?

そこで、すでにコマンドバーにあるボタンを右クリック→エクスポートを選んで、作成されるファイルを見ると、拡張子が「QTTabBarCommand」になっている!

というわけで、XMLファイルの拡張子を「デスクトップのアイコン位置保存.xml」から「デスクトップのアイコン位置保存.QTTabBarCommand」などに変更。すると、ファイルのアイコンが変わりました。それをコマンドバーにドロップし、できたボタンを押すと、動作するようになりました。

QTTabBarのコマンドファイルの登録方法、わかればどうってことはないのですが、わかるまで本当、時間がかかりました……困りました(^^;)

※フリーソフト『QTTabBar』とは、『エクスプローラのツールバーに「タブ切り替え機能」を追加し、1つのウィンドウで複数のフォルダを開けるようにするソフト』。つまり、フォルダのウィンドウを1つにまとめることができる、とても便利なソフトウェアです。
QTTabBar - QuizoApps


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

「iOS 8」の更新ダウンロード:秋に正式公開とか

「iOS 8」の更新ダウンロードは、2014年の秋に正式公開とか。

先日、「アップルがiOS8を発表」というネット記事を目にしたので、もうソフトウェアアップデートができるのかな? と思って、iPod touchなどの設定を確認してみても、iOS7.1.1のままだったり……。

で、「iOS 8」はいつ、ダウンロード可能になるのか? 調べてみたところ、「iOS 8 ベータは開発者向けに本日リリース。正式リリースは今年の秋。対応機種はiPhone 4S 以降」という情報が、以下のページにありました。
速報:アップル iOS 8 発表。アプリ / デバイス間連携の強化など新機能多数。秋に正式公開 - Engadget Japanese

ちなみに、iOS 8の対応機種は以下の通り、とか。
iPhone
iPhone4S
iPhone 5
iPhone 5c
iPhone 5s
iPad
iPad 2
iPad 3rd
iPad 4th
iPad Air
iPad mini
iPad mini Retina
iPod touch
iPod touch 5th
iOS8発表、秋頃リリース予定 対応機種からiPhone4はさようなら | スマホペディア

もっとも、対応機種であっても、実際に更新した後、操作感が重くなったりしないのか? が心配なところですが……(^^;)


> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

IE10の最新バージョンは「10.0.16(KB2953522)」に:IE用の更新プログラム発表

5月13日(日本時間14日)、米マイクロソフト(MS)から、Internet Explorer(IE)用の更新プログラム(修正パッチ)が発表されました。この更新プログラムにより、IEの脆弱性などの問題が修正されるとのこと。なお、サポートが終了したWindows XPとOffice 2003については、今回から更新の対象外とのこと。

今回の更新プログラムにより、IE10の最新バージョンは「更新バージョン:10.0.16(KB2953522)」に……ということで、前回の「KB2964358」から「KB2953522」に変わります(数字が減っている?)。また、バージョン欄は「バージョン:10.0.9200.16866」から「バージョン:10.0.9200.16899」と変わります。

更新方法は、「Windows Update」にて。


というわけで、IEをご利用の方(特にIE11からIE10にダウングレードされた方は)は速やかに、「Windows Update」で、IEを最新バージョンにアップデートすることをオススメします。


ちなみに、今回の更新プログラム(MS14-029)により、IE10の最新バージョンは以下のようになっていました(2014/05/14現在):

IE10の最新バージョン「10.0.16(KB2953522)」
バージョン:10.0.9200.16899
更新バージョン:10.0.16(KB2953522)

※IEのバージョン情報は、メニューバーの[ヘルプ]→[バージョン情報]で確認できます。
※メニューバーが非表示の場合は、「Altキー」を押すと表示されます。


参考情報:



> コメントを閲覧・投稿する(現在 0 )

IE10の最新バージョンは「10.0.15(KB2964358)」に:IE用の更新プログラム発表

5月1日(日本時間2日未明)、米マイクロソフト(MS)から、Internet Explorer(IE)用の更新プログラム(修正パッチ)が発表されました。この更新プログラムにより、MSが対応するまでは別の閲覧ソフトを使うなどの対策を取るよう、米国土安全保障省が警告していたIEの脆弱性などの問題が修正されるとのこと。

今回の更新プログラムにより、IE10の最新バージョンは「更新バージョン:10.0.15(KB2964358)」に……ということで、「KB2936068」から「KB2964358」に変わります。また、バージョン欄は「バージョン:10.0.9200.16866」から「バージョン:10.0.9200.16897」と変わります。

更新方法は、「Windows Update」にて。


というわけで、IEをご利用の方(特にIE11からIE10にダウングレードされた方は)は速やかに、「Windows Update」で、IEを最新バージョンにアップデートすることをオススメします。


ちなみに、今回の更新プログラム(MS14-021)により、IE10の最新バージョンは以下のようになっていました(2014/05/02現在):

IE10の最新バージョン「10.0.15(KB2964358)」
バージョン:10.0.9200.16897
更新バージョン:10.0.15(KB2964358)

※IEのバージョン情報は、メニューバーの[ヘルプ]→[バージョン情報]で確認できます。
※メニューバーが非表示の場合は、「Altキー」を押すと表示されます。


参考情報:


> コメントを閲覧・投稿する(現在 4 )